穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
08
 
永岡ともよしです。例年より遅くなりましたが、2016年のOSK日本歌劇団による全ての公演から、現時点でもう1度観たい作品を選んでもらう投票を開設しました。圧倒的に数の多い「レビュー・カフェ」公演に関しては、お手数ですが「その他」の区分を選んだ上で、コメントにて詳細の指定をお願いします。投票は2月8日まで可能ですので、今年も1人1回の制限付きですが気軽に参加してもらえたら嬉しいです。
    18:14 | Comment : 0 | Top
 
30
 
永岡ともよしです。今年も大変お世話になりました。OSK日本歌劇団の観劇を基準に振り返ると、2016年は不安を払しょくして、成果が期待を上回る1年になったと感じています。もう一度観たい公演を選んでもらう投票は、年明けに改めてお願いしますが、東京での公演だと秋の三越劇場は圧倒的な充実度でしたし、『ロミジュリ』もOSKの財産を増やす立派な新作の登場だったと思います。そして長年愛されてきた会場が取り壊されて、隣りの通常施設に移った菊人形公演は、客席側で使う面積の狭さこそ気になりましたが、OSKの皆さんが演じる舞台側を主体に考えたら、千人規模のホールだから可能な表現の大きさは十分に感じられたので、2015年までの親しみ易さとは別の迫力まで、これから発揮出来そうですね。
    20:24 | Comment : 0 | Top
 
10
 
永岡ともよしです。遅くなりましたが、もちろん予定通りに博品館劇場でのOSK『ロミジュリ』東京公演を観劇して、大満足で何の不満もありません。ただし上演を重ねて違う配役を試して行けば一段と魅力のある舞台が作り出せると思うので、始まったばかりの作品に対して最高という表現は避けておきます。大阪公演を観て不満を語っていた皆さんは、きっと硬い台詞の多いお芝居に慣れていないのでしょうね。本格的な演劇公演が不得手なので歌・ダンス中心の舞台を選んだ結果、OSKファンになった人も多いのでしょうし、真正面からシェイクスピア作品に挑んだ今回の『ロミジュリ』では、退屈しても仕方ないと思います。

続いては動画が公開されたOSKレビューカフェ公演の中から、翼和希さん中心のメンバー分を再生鑑賞しての感想です。以前からソロで長く何曲も聴きたいと感じていたので、その点では期待に応えてくれたのですが、勉強の場という意味合いは理解するものの、特に娘役さんたちのソロは厳しかったです。大暴走してコーラスを乱すような低次元ではなくても、それと独唱に耐える力量は全くの別物で、歌は翼さんのソロ+他の出演者によるコーラスに絞って、もっとダンスで発揮される魅力を強調して欲しかったです。
    18:54 | Comment : 0 | Top
 
30
 
永岡ともよしです。ネット上に不満タラタラの感想が出回っていたので、ニコ生中継の映像を視聴するまで心配しましたが、OSKの『ロミオ&ジュリエット』大阪公演は良い舞台作品でしたね。小規模編成による正攻法の『ロミジュリ』としては、これからの標準として記憶するだけの価値がある公演だったと思います。

もちろん上演実績が数日程度の段階ですから、これで完成形などと考えるのは論外で、回数を重ねながら深みを加えるのと同時に手直しも進めて、OSKが10数名程度で上演する作品の中で、定番として愛されるように努めて欲しいです。とりあえず近鉄アート館での上演内容に大きな不満など無いので、博品館劇場で直接観劇出来る2回を楽しみに、『ロミジュリ』東京公演が始まるまで残り数日間を過ごします。
    18:51 | Comment : 0 | Top
 
21
 
永岡ともよしです。OSK日本歌劇団による新作『ロミオ&ジュリエット』大阪公演が、11月19日に開幕しました。既存舞台作品のOSK版ではなく、今回は独自の『ロミジュリ』上演なので、人気タイトルへの期待と一緒に不安も伴いますが、初日から観劇を済ませた皆さんの感想に目を通してみる限り、今のところ大絶賛のお披露目とはなっていないようですね。でもせっかく説明不要の誰でも知っている物語に取り組むのですから、OSK版として1つの型を完成させるくらいまで、長期的な視点から仕上げて欲しいです。

ちょうど今日は18時30分から、OSKファンお馴染みのニコ生中継が設定されていますが、私は別の用事で視聴出来ないため、ネットを通じて舞台の様子に初めて触れられるのは、2日後の23日になる予定です。先に書いた通り、出来栄えの程度には関係なく、『ロミジュリ』を題材にして1度だけでお仕舞いでは勿体ないので、大阪公演後半~東京公演と内容を深めるのは当然として、今後も再演を重ねながら成長させるだけの強い意欲を、ニコ生中継の時間差視聴や12月・博品館劇場で感じられたら嬉しいです。
    13:24 | Comment : 0 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。