穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
06
 
永岡ともよしです。2013年に私を喜ばせてくれた公演企画の1つが、宝塚歌劇団・月組出演の『メリー・ウィドウ』でした。もちろん歌唱スタイルは各地の歌劇場で上演される場合とは異なりますが、基本的な人物設定や主な楽曲はそのままに、ダンスも数多く挿入した実に楽しい舞台となっていました。もともとオペレッタ(軽歌劇)は俳優さん主体でも成立するのが特徴なので、宝塚版へと再構成するのは余り難しい作業ではなかったかも知れません。ただし出演者の皆さんにとって大変な挑戦だったのは確かで、なかなか純粋な新作では経験出来ない貴重な機会ではないでしょうか。またオペレッタやオペラ、或いは著名な作曲家が残した演劇用の伴奏音楽を優先しては、舞台向けの新曲提供を生業とする方々の妨げに成りかねませんが、観客が感じる公演内容の厚み・奥深さを増すためには、重視して欲しい選択肢だと思います。
    17:13 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可