穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
10
 
永岡ともよしです。2015年の春に長野~金沢間で延伸開業する北陸新幹線で、設定される4タイプの列車名が発表されました。他の路線と大きく異なるのは、富山~金沢を往復するシャトル便でしょうね。

☆東京~金沢・速達タイプ 「かがやき」
☆東京~金沢・各駅タイプ 「はくたか」
☆東京~長野・現行タイプ 「あさま」(名称も現在の長野新幹線と同じ)
☆富山~金沢・往復タイプ 「つるぎ」(1時間に1本程度シャトル運行)

東京を基準にすると想像が難しいと思いますが、大阪から北陸方面を結ぶ在来線の特急は連日数多く運行されていて、現在は大阪や京都から金沢を越えて富山まで走っている電車も、北陸新幹線が延伸開業すれば全て金沢止まりに変更されます。つまり乗り継ぎの連絡に配慮が足りないと、関西と北陸の鉄道による移動に関しては、逆に利便性が損なわれてしまう可能性がある訳ですね。例えば今なら大阪駅から特急「サンダーバード」に乗車して、そのまま富山まで行けるのに、北陸新幹線の延伸開業後には金沢での乗り換えが必ず必要になります。別の表現を選ぶと、在来線特急の利用を邪魔しないために運行される珍しい新幹線と捉えても間違いではないでしょうね。1年半後、2015年春の延伸開業が楽しみです。

※個人的に北陸方面といったら、現在OSKが公演中を行っている福井県の武生駅が最初に浮かんで来ます。菊人形公演を北陸新幹線利用で観に行くとして、実際に乗れるのは2年先の秋以降になりますが、東海道新幹線から米原乗り換えで在来線の特急を使う方が所要時間は短くて済みそうです。でも私は新しい路線に興味津々で、2015年の秋には北陸新幹線で金沢まで行くルートで武生を目指すでしょうね。
    17:00 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可