穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
24
 
永岡ともよしです。公演期間(4月19日~29日)の折り返し点を迎えた大阪・松竹座のOSKも盛り上がっているでしょうが、ここでは舞台関連の話題からは離れて、全国公開が4月27日・土曜日に迫った東映作品『スーパーヒーロー大戦Z』について簡単に触れましょう。映画の公式サイトにはコチラからどうぞ。

実際には様々な制約が存在するので、残念ながら対象となる過去作品の歴代キャストが集結する超大作には程遠いのですが、少なくとも登場するキャラクターの幅広さでは東映の変身ヒーロー映画史上最大なのは間違いありません。既に定番化した印象の仮面ライダー+スーパー戦隊(及び、その敵対勢力)に加えて、宇宙刑事ギャバンに始まるメタルヒーローたちも再稼動で参戦し賑やかさは増すばかりです。

公開直後の数日は私が東京地区での観劇予定を詰め込んであるため、まだ映画館に出掛ける日取りは決めていませんが、また父と日程を調整した上で、いつものシネコンで楽しむつもりです。設定から手直しした既存キャラクターの扱いに関しては納得していない私の父も、1本の映画として出来栄えが確かなら喜ぶでしょうし、現役の小さなお友だちから昔を知るファンまで、客席が大いに沸く作品を期待して行きます。
    15:55 | Comment : 2 | Top
Comment
2013.04.24 Wed 23:57  |  のぶちん #ywW7zt0k
これは凄いですね。
ただ、キャラクターをたくさん出すとその分 話作りは難しくなりますね。
キャラクターもただ出せば良いというわけではないので、
作り手の技量が問われると思います。

でも期待しちゃうよね(^o^)
うわー  URL  Edit
2013.04.26 Fri 20:06  |  永岡ともよし #9nFK/Kms
>のぶちんさん
受付け再開後の第1号コメントをありがとうございます。

豊富なキャラクターの投入も何作か同じパターンが続けば
どんなに工夫してもインパクトは徐々に弱まっていきますね。
それを物語の展開や画面上での意外な共演の実現など
面白く見せてくれる発想と技術で乗り越えて欲しいです。

感想を記事にしたくなる映画であるように期待しています。
お返事です  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可