穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
06
 
永岡ともよしです。アニメが大好きで声優さんの活躍にも注目している私ですが、映画館で外国作品を観る際には、再加工の要素が強い吹き替え版ではなく、字幕スーパー付きでの上映を必ず選んでいます。でもネットで予約しようとスケジュールを確認していると、かなり話題になっている映画でも字幕版の上映が意外に少なくて、結局は諦めてしまう場合まであるのです。そんな体験から「吹き替えが増えたなぁ」とは感じていましたが、最近その原因を知って怖くなりました。要するに、短い時間・限られた文字数で表示される字幕スーパーから、映画の内容を理解するのに必要な情報を得られない観客が多くなったのが、吹き替え版の比率が増した理由なのだそうです。映画興行の中心が国内作品に移行している傾向も文字を読み解く能力の低下と関連があるとすれば、観客に考えさせる映像だって避けられてしまうような気がします。
    20:57 | Top