穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
11
 
永岡ともよしです。前回の更新から5日目を迎えてしまいましたが、私は毎日元気に活動しています。ネット経由で映像や音楽を視聴する際はダウンロードかストリーミングか、「視聴しません」を含めて選んでもらう投票は引き続き受付中ですので、未だ済ませていない皆さんは忘れない内にクリックしてください。

さて長らく当ブログでも日程などを掲載してきたOSK日本歌劇団「たけふ菊人形公演」も、今日11月11日が千秋楽となりました。主役級の人物が菊人形全体のテーマに使われる某局・大河ドラマの人気低迷、決して恵まれていたとはいえない天候(今日も雨?)、そして出演者の違いなどが重なって、OSKの公演は過去2年間に比べれば入場者が控えめで推移してきたようですが、同じく桐生麻耶さんがトップを務めた3年前を含めて、私が実際に観劇した4年間の菊人形公演では最も充実した内容だったと思います。

特に真麻里都さんが中心を担うダンスの場面は、細かく刻むリズム感やキレのある動きに安定度まで抜群で、より規模の大きな公演でも時間を割いて欲しいところですが、OSK全体を代表するスターである桜花さんが加わるとユッタリした流れに落ち着かざるを得なくなるので、現状では桐生さんの主演作品に組み込む形が最善なのかも知れません。お芝居での清盛(桐生さん)と義朝(真麻さん)も良かったですね。

私は既に今秋2回訪れた武生には遠征せず東京で過ごしますが、他の熱心なOSKファンや地元の皆さんにとって、来年以降も必ず観に来たいと意欲を再確認させる11月11日・千秋楽を願っています。
    09:16 | Top