穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
21
 
大袈裟な記事の題名で失礼しました、永岡ともよしです。毎日のクラブ活動に励んでいた学生時代には、自宅に帰るまでの僅かな時間が我慢出来ず、駅で立ち食いソバのお店に入る機会が数多くありました。さらに幼い頃、恐らく小学校に通っていた頃まで戻ると、日曜日に家族で買い物に出掛けて、昼はデパートで食事を済ませ、帰りの駅でもレストランで何か食べたのに、改札を通ってからソバ屋さんに寄った記憶が残っています。さすがに1人では食べ切れず父と分け合ったような気がしますが、今になって考えると身体は大きくならなかったので、費用と効果の観点からは非常に勿体無い投資だったかも知れませんね。

ところで最近利用する店舗の造りを思い出してみると、「立ち食い系」ではあっても座席の用意されたお店が増えているのに気付きます。新聞報道だとテーブル席を備えてあれば女性客も入り易いようで、入り口の看板やノボリからは「立ち食い」の表現を外すのが現在は当たり前になっているそうです。食欲を抑えられずに駆け込む若者など減る一方なのですから、お客さんを確保するために有効な手段は全て尽くす努力が必要だと思います。例え立ち食い形式が少数派になっても、和風ファストフードの代表として、簡単便利なスタイルで運営される街角や駅のソバ屋さんに、長くお店を続けてもらう方が大事ですよね。
    20:07 | Top