穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
15
 
さくら咲く国へようこそ。永岡ともよしです。今日は2011年9月15日木曜日、記念すべきOSK日本歌劇団の東京公演初日でした。私が三越にお買い物で出掛ける事など100%近く無いので、建物に入るのは日本橋本店の本館6階にある劇場で舞台を観る時だけです。売り場の模様替えなどは年中実施されているのでしょうが、そちら方面に目を向けていないせいか、いつ行っても館内の印象は変わりませんね。

さて初日だったからか、盛況の場内にはOSKのレヴュウを楽しみに来た風には思えない観客の姿も見られましたが、既存のファンや舞台が好きで客席に座っている人たちには、大満足の公演スタートとなったに違いありません。前半の日舞を締め括る名曲「テンプテーション」の緊張感は依然として健在ですし、洋舞パートは『バーン・ザ・パッション』を基本として色々と加えられた中に、昨秋の高石~武生で印象的だった曲が、また新しい構成で復活しているのも嬉しかったです。牧名ことりさんの大活躍が光りますね。

アンコールはSKDとの関連性もアピールしつつ、やはり「桜咲く国」の登場です。いつもの通りに私は涙を流しながら、自分でも小さな声で熱唱して劇場を後にしたのでした。客席の様子を思い出してみると、明らかに固定ファンと分る一角は別にして、率直に気持ちを表現してくれるお客さん達の反応は新鮮でした。特にロケットには声を上げて驚く人が多かったと思います。2日目・3日目の観客がどんな風に受け止めてくれるのか、勤務に入る私は行けませんので、他の皆さんのブログなどを参考にさせてもらいます。

続いては参加をお願いしていた投票の結果報告です。

「OSK東京公演(三越劇場)の観劇予定は?」 全16票

11票・・・観ます(常連OSKファン)

2票・・・観ます(OSKは久々)、今回は観ません
1票・・・まだ検討中です

0票・・・観ます(OSKは初めて)

以上のような結果となりました。参加してくださった皆さん、本当にありがとうございます。ところで開設予定はありませんが、もし実際の観劇回数を教えてもらう投票を設置したら、久々とか初めてのお客さんが何人くらい集まるのか、興味深いと思いませんか? それでは次回も、さくら咲く国でお待ちしています。
    21:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://nt0214.blog47.fc2.com/tb.php/628-882b1fd7