穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
01
 
こんばんは。自称「多摩の紅秀麗」こと、永岡ともよしです。でも私は30歳の若さで1人娘を残して地上を去るつもりなどありませんし、少なくとも90歳代までは生きて世の中の大きな変化を体験したいと考えています。どうして突然こんな話題で書き始めたかというと、実際には6月末から流通していたとしても、2011年7月1日がシリーズを締め括る『彩雲国物語 紫闇の玉座』下巻の公式な発売日だったからです。最終巻は何と500ページを超えて、1つの時代を決着させるのに相応しい厚みを感じますね。この記事を公開したら1時間くらいは読書に割いて、『紫闇の玉座(下)』を読み進めた後で今夜の眠りに就きます。

いつか大好きな『彩雲国物語』に関連する投票も開設したいと思いますが、今は10日後に迫ったOSK日本歌劇団による『虹のおどり』開幕に向けて、観劇予定回数を選んでもらう投票への参加をお願いします。8年半ぶりの東京公演実現や再びトップスター桜花昇ぼるさんが出演する菊人形公演など、9月以降の予定に気持ちが流れてしまうファンがいるかも知れませんが、やはり基盤である関西での主要公演の成功は歌劇団の安定経営には欠かせません。もっともっと注目して欲しい7月中旬の京都南座です。
    23:10 | Top