穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
20
 
永岡ともよしです。もう1度観たい2010年OSK日本歌劇団公演を選んでもらう投票は、当初期限を定めず受付けていましたが、年が改まって3週間近く過ぎましたし、そろそろ締め括ろうと考えて1月23日に設定しました。まだ投票を済ませていない皆さんには、残り3日間での積極的な参加をお願いします。

さて普段は作成者である私自身が一番乗りで意見を明らかにしているのですが、今回に限っては2つの候補から絞り切れずに時間が経過してしまいました。ちょっと怖いくらいの盛り上がりで1ヶ月余りを疾走した福井県越前市での「たけふ菊人形公演」(10月~11月)と、こんなお芝居をOSKの舞台で観られるとは想像していなかった『女帝を愛した男』(12月)が、私を悩ませた2つの公演です。

素晴らしいラインダンスなど武生で味わった興奮も忘れられませんが、最終的には『女帝』を選んで先ほど投票しました。この作品は私にとって2010年の最も印象深いお芝居であっただけでなく、将来に向けて更に磨き上げれば、OSK日本歌劇団を広く知らしめる大看板になる演目だと信じています。出演者や公演会場が変わって華やかさを加えたり、或いはアクションが強調された『女帝』の登場する日が来るかも知れません。様々に表情を変化させながら、もっともっと大きな名前へと成長して欲しいと願っています。
    12:05 | Top