穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
18
 
永岡ともよしです。タイトルに続くのは、宝塚歌劇団の公演が無い、です。宙組『誰がために鐘は鳴る』が1月30日で公演を終了し、次に雪組の『ロミオとジュリエット』が開幕するまで、つまり2011年1月31日から2月16日の東京宝塚劇場はお休みに入っています。そして星組の日本青年館『メイちゃんの執事』は2月15日~21日が公演期間ですから、2月前半の東京には宝塚歌劇団の公演が全く無いのです。

そう考えたら、2月6日の東京會舘にOSK日本歌劇団のメンバー9人が登場するのは、明らかに歌劇空白の時期を狙っていると分りますね。千葉・東京・神奈川出身の団員7人は全員参加で、首都圏進出へのステップとして重視する姿勢がハッキリと伝わります。でも私は2万5千円必要なディナーショーなんて行きません。これが同じ出演者で、例えば3日間で5回公演・各6千円ならば、喜んで合計3万円支払って全てのステージを観るのですが、とにかく2月6日の東京會舘には私は行く気になれません。
    20:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://nt0214.blog47.fc2.com/tb.php/508-7c7a8f5e