穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
05
 
さくら咲く国へようこそ。永岡ともよしです。たけふ菊人形公演も最後の週末を迎えて、大盛況に湧いたOSK日本歌劇団『Love Force』が観られるのも、今日11月5日を入れて3日間限りとなりました。遠征の話題は別の機会に取り上げる事にして、先週発売が始まった次回公演『女帝を愛した男』のチケット購入で確定した2010年のOSK観劇実績(見込み分含む)を載せておきます。

2010年 私が観たOSK日本歌劇団による公演

・『YUKIMURA』 1月22日~24日 サンケイホールブリーゼ(大阪)
・『春のおどり』 4月3日~11日 松竹座(大阪)
・『レビュー in KYOTO Ⅳ』 7月10日~16日 四條南座(京都)
・『シャイニングパレード』 9月4日・5日 アプラホール(大阪)
・『総司恋歌』 9月17日~20日 ABCホール(大阪)
・『Love Force』 10月2日~17日 たけふ菊人形(福井)
・『女帝を愛した男』 12月10日~12日 大阪国際交流センター

(私が観なかった主な公演)

・『聖徳太子絵巻』 2月6日 いかるがホール(奈良)
・『バンディット!』 5月28日~30日 OBP円形ホール(大阪)
・『仲麻呂』 7月23日~29日 上海万博日本館イベントステージ(中国)
・『infinity』 8月7日・8日 世界館(大阪)
・『ダンディ』 10月15日~17日 一心寺シアター倶楽(大阪)

私のOSK初観劇が昨年の南座公演でしたので、7月の京都で追いかけ始めてから1周年となりました。騒ぎ立てている割には見送った公演が多いですね。それでは反省と理由説明を書き残しておきましょう。『仲麻呂』は会場が上海ですから、他のOSKファンでも早々と断念していた人は多かったハズだと思います。2月の『聖徳太子』はブリーゼ直後なのに加えて、奈良での単発公演とあって他の舞台と組み合わせる方法が使えませんでした。『ダンディ』は菊人形公演と併せて大阪と福井を移動する遠征も可能でしたが、男役さんだけによる公演でしたので私は却下しました。娘役さん不在のステージに興味はありません。

『バンディット!』と『infinity』は後になって悔やんだ公演です。霧隠才蔵の真田幸村と出会う以前を描いた『バンディット!』は、様々な事情があって出掛けなかったのですが、とにかく評判が良かったのでDVDを買って確かめたところ、圧倒的な面白さで再演があれば必ず行きたいですね。そして入団5年目までの若手による『infinity』は、遠征続きによる疲労を防ぐ目的の夏季休養に空けていた時期で、こちらも評価は高く勿体無かったと思います。同様の公演が企画されたら、今度は迷わず出掛けるつもりでいます。

来年は遠征回数を圧縮しようと決めているのですが、実現出来るでしょうか。遠出ばかりしていると時間やお金の使い方が乱暴になって、長く楽しめなくなる恐れがあるので、自分を戒める厳しさも必要だと思います。でも結局甘くなってしまうかも知れません。それでは次回も、さくら咲く国でお待ちしています。
    13:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://nt0214.blog47.fc2.com/tb.php/487-c3364a93