穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
31
 
永岡ともよしです。社会情勢や、もっと単純に軍隊が関連する事故のニュースなどが流れる際に、使用される言葉が余りにもお粗末で呆れる事が多いですね。飛んでいるのは全て戦闘機で、同様に陸上なら戦車、海の上は何でも戦艦と伝えて恥ずかしげもないのですから、父の影響で艦船中心に一定の知識を蓄えてきた私にとっては、内容の深刻さや重要度の以前に、情報として価値が無いと感じてしまいます。

それではマニアとかオタクなどと呼ばれる人たちなら、その分野では正確に語れるのかと言えば、実は狭い世界に閉じこもって行動しているだけなので、間違った独自解釈に凝り固まっている例が少なくありません。先に挙げた艦船の知識なら、帝国海軍には河内型という準弩級戦艦が在籍していたのですが、歴史を理解する能力に欠ける頭の悪いマニア連中は、日本唯一の弩級戦艦だと信じ込んでいます。準弩級とは、英国に戦艦ドレッドノートが登場するより前の思想に基づいて、武装を強化しようとする考え方で生まれた艦船を分類する用語で、自分では詳しいと思っていても、常識に適う理解力の乏しい人たちは、概念の段階で把握出来ていないため、河内型戦艦を語る際に的外れな言葉を繰り返すばかりなのです。

私も気になる話題に接すると、検索して詳しそうなサイトなどに目を通すのですが、そこに書かれているのが正確な理解を伴った情報とは限らないので、違う見方・コピー色の薄そうな記事を丹念に探す努力を怠らず、誰かの思い込みに振り回されないように心掛けなくては、知ったつもりになる分も危険ですね。
    10:32 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可