穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
28
 
永岡ともよしです。遅くなりましたが、OSK『真・桃太郎伝説』の博品館劇場公演で千秋楽を観劇した感想を書きます。事前にニコ生の中継映像を視聴した際の印象とは特に変化が無くて、やはり絞り切れていない構成だと感じました。これがレヴュウ作品だったら、高世さん中心、桐生さん+折原さん、悠浦さん中心で等分ではなくても、冒頭と締め括り以外は分け合う形で何も困らないのですが、お芝居の場合は散漫になるのを避けるために、せめて二系統に集約して描いて欲しかったですし、再演の可能性が僅かでもあるのなら、今から手直しして「誰が何をしている姿を見せたいのか」を明確にしてもらわないと困ります。

ところで最後の挨拶で、折原さんが東京でOSKの舞台に立つのは今日限りだと告げられて、客席から驚くような声が上がったのは意外でした。普段からOSKを観ている人たちばかりでないのは仕方ないとしても、むしろ東京での折原さんラストステージを見届けるための機会だと思って臨んでいた私には、すっかり場内が静まり返る反応の方が当然だと感じられたでしょうね。もっとOSKの舞台で観たかったですが、話す声の落ち着きや深い包容力を直接感じると、遥かに年齢の高い客席の人たちより成熟していて、もう次の活躍場所を目指すべき時が来たのは確かだと思いました。アート館が最高の公演となりますように。
    10:46 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可