穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
06
 
永岡ともよしです。生放送から5日間遅れて、図らずも菊人形の開幕と重なってしまいましたが、OSK『愛の神話』大阪公演の中継映像を視聴しました。日本物と2本立ての構成なら余り苦にならないかも知れませんが、このまま1時間1本で東京公演が実現しても、きっと私は観劇を見送る事にすると思います。

好意的に受け止められない問題点は2つあって、先ず何故持ち込んだのか理解出来ない「ルパン三世」ネタですね。もちろんルパンが題材として魅力に欠ける訳ではなく、菊人形公演は60分枠で制約が多いとしても、逃げる高世さんルパン三世と追う桐生さん銭形警部の図式にすれば、武生が1か月間に亘って大いに沸く展開は十分に見込めたと思いますが、とにかく中途半端で一瞬でさえも面白くありません。

もう1点は3番目の男役さんの扱い方です。今回のメンバー構成で高世さん・桐生さんと並ぶ形で、第3の男役を舞台に立たせるのは無理があり過ぎます。本人を無批判で個人的に応援するファンだけは喜ぶとしても、真麻・楊・悠浦の皆さんを外した座組で3番目の男役を一緒に並べたいのなら、香月さんや愛瀬さんを同じ班に含めない限り、舞台の見え方として無謀ですし、料金を払った観客に失礼だと思います。

最初にも触れましたが、福井・たけふ菊人形が開幕し、OSK日本歌劇団は10月25日の休演日(菊人形は営業)を除いて、今年は11月6日まで長丁場が続きます。天候不良など様々な不安は現れますし、OSKの皆さんは体調管理が大変でしょうが、新たな会場で楽しい舞台が観られるように期待しています。
    16:37 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。