穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
12
 
永岡ともよしです。昨日15時ちょうど開演の回で、OSK日本歌劇団の三越劇場公演が全日程を終了しました。休憩を除いて1時45分踊り詰めの厳しい作品を、大阪から12名の皆さんお疲れ様でした。私は三越劇場での観劇が2回のみで、ニコ生の中継を含めても3回分の公演しか観られませんでしたが、そんな後悔よりも遥かに惜しまれるのは、この素晴らしい作品が2部構成の全編通しては映像ソフトとして残らない事です。販売する製品の形では無理でも、いつか映像資料の扱いで希望するファンに触れる機会が訪れるように、せめて歌劇団では1部・2部とも差し替えなく、視聴が可能な状態で保存して欲しいです。

本筋のレヴュウ作品ではないので、それだけを求めて客席に座った人には不満があったでしょうが、好き嫌いの問題ではなく、あの内容で退屈だと感じるような類いの連中には、どんなダンス主体の舞台公演も観に行って欲しくないですね。私は再演に期待したいのと同時に、幾つかの場面(景)は今後のOSK公演で、また違う作品の一部として必ず再登場すると確信しています。麗羅リコさんの美しい腹筋が印象に強烈な2016年の舞台だけでなく、この公演はOSKにとって大変重要な財産になって残るでしょうね。
    10:07 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可