穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
28
 
永岡ともよしです。これまで私のブログの記事では何度かハウステンボスと歌劇団について書いて来ましたが、初めて長崎県佐世保市にある現地を訪問してミューズホールでの舞台公演も観劇しました。園内を歩き回って心地良い疲労を感じると共に、ハウステンボス歌劇団を今後も追いかけようと決めました。

ハウステンボス歌劇団公演 ハウステンボス内ミューズホール
 A.『BIG WAVE ~不死鳥海賊団 ブルーポセイドンの海を越えて~』 《7月19日まで上演》
  出演:チームフラワー(華) 脚本・演出・振付・音楽・衣装デザイン:はやみ甲 音楽:松岳一輝 
 B.『LOVE WITH BUTTERFLY ~あじさいの咲く頃に~』 《6月14日まで上演》
  出演:チームシャイン(光) 脚本:原田タイラ 演出・振付:雪菜つぐみ 音楽監督・作曲:林魏堂

私が初ハウステンボスを体験した日は、AABBの順番で4回公演が組まれていたのですが、最後は終了時刻が遅くなるのと、シャインのトップを務める優雅さん(宝塚歌劇団月組だった研ルイスさん)の声が酷い状態なのが辛くて、3回目の公演まで見届けて退場しました。優雅さんの状態が万全なら、きっとシャインの演目も印象が違って来ると思いますが、とりあえず前半2回上演の『BIG WAVE』は、1時間の枠内に収める少女歌劇系の短いミュージカル作品としては、ほぼ最高に近い満足度だと感じた面白さです。

応援している皆さんなら気付く通り、はやみ甲さん(脚本・演出など)と松岳一輝さん(音楽)のコンビはOSKの公演でもお馴染みで、この『BIG WAVE』は多少手直しして菊人形公演の出し物にしたり、別作品と組み合わせて2時間~2時間半の枠で上演する2本立てに組み込めば、全国どこの会場でも観客が大喜びするのは間違いありません。もし東京近郊で上演されれば、私は千秋楽まで毎日でも通い詰めます。
    06:46 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可