穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
30
 
【本文の前に】 OSK『春のおどり』観劇予定回数を選んでもらう投票は、4月30日締め切りです。

永岡ともよしです。放送当日から4日も経ちましたが、やっとニコ生で中継されたOSKの舞台公演2本をタイムシフト再生で視聴しました。本編開演前の10数分間は15時の回が新入団92期生の挨拶で、同様に19時からが高世麻央さんと舞美りらさんによる『春のおどり』PRでしたね。松竹座公演に向かうお二人+司会役・りつき杏都さんのお話からは、(私は行けませんが)2部構成の舞台が大いに充実しそうだと期待が高まりましたし、92期の8名は『春のおどり』から100周年を目指して、かなり活躍してくれそうな新人さんと感じました。りつきさんを含む90期や92期の皆さんを見ると、近い将来OSKは厚みを増しますね。

そして肝心の本編ですが、90期の登堂結斗さんと天輝レオさんは本当に格好良くて、OSKではない別の新興少女歌劇団に入っていれば、規模拡大に伴うトップ就任も夢ではないと思わせる程でした。それに対して、比較上はキャリアの長い香月蓮さんが相当苦労していて、無難に対応が可能な範囲の課題ではなく、構成・歌唱指導を担当している天羽珠紀さん(宝塚歌劇団・宙組出身)から、とても難しい宿題を出されている印象です。普段の大規模な公演でソロを歌っていない人には、「ザ・ローズ」など消化出来ませんよね。でも取り組むべきテーマが明確に存在するからこそ、次の段階に進んだ香月さんが観られるのだと思います。主力公演の重要な脇役、別動隊主演で活躍するには、成長への貪欲さが絶対欠かせません。
    19:26 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。