穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
07
 
永岡ともよしです。とっくに気付いていた人は大勢いるのでしょうが、5月の大阪松竹座~7月の新橋演舞場は、完全に一対の編成なのですね。上旬にOSK日本歌劇団の公演が組まれて、その後は下旬にかけて、松竹新喜劇に新派の重鎮が客演する形での公演が続きます。この日程編成パターンなら、OSKも主要劇場での公演が組み易くなると思うので、これから秋~冬にも1セットを追加して欲しいくらいです。
5月松竹座から7月演舞場
【2016年5月の大阪松竹座】
 ☆OSK日本歌劇団 『レビュー 春のおどり』 1日(日)~8日(日) 全16回
 ★藤山寛美 二十七回忌追善 松竹新喜劇 13日(金)~24日(火) 全22回(貸切含む)
  ↓ ↓ ↓
【2016年7月の新橋演舞場】
 ☆OSK日本歌劇団 『レビュー 夏のおどり』 2日(土)~4日(月) 全6回
 ★藤山寛美 二十七回忌追善 松竹新喜劇 9日(土)~24日(日) ※日程の詳細は未発表


新喜劇は演目が同一ではないものの、寛美さんの當り狂言に、孫の扇治郎さんが挑戦する設定は変わりがなく、大阪では波乃久里子さん、東京は水谷八重子さんが参加するので、公演企画全体の印象は松竹座~演舞場で統一感がありますね。歌舞伎以外の松竹演劇公演として、観客も受け入れ易そうです。
    19:56 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。