穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
03
 
永岡ともよしです。渋谷のオーチャードホールに行って、ミュージカルの楽曲を集めた企画コンサートを満喫しました。今回は出演者の力量に凸凹が無くて、しかも単純に有名曲を並べただけではなく、ミュージカルに詳しい人なら出演者の顔ぶれで想像可能な通り、沼尾みゆきさんと濱田めぐみさんによる初演版『ウィキッド』の再現を体験したのです。しかも第1部の締めに「自由を求めて」(台詞入りの完全モード)を、そしてアンコールは「あなたを忘れない」から始める念の入れ方で、ほぼ元のミュージカルと同じ配置で代表曲が登場して、私は目と耳と感情の深い部分まで、完全に二人の『ウィキッド』復活に支配されました。

『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2016』 オーチャードホール 4月3日(日) 12時00分開演
 出演:濱田めぐみ、山崎育三郎、沼尾みゆき、ピーター・ジョーバック
 ゲスト:石丸幹二 指揮:円光寺雅彦 演奏:読売日本交響楽団 構成・演出:寺﨑秀臣


お馴染みの楽曲ばかり揃う中で、恐らく今回のコンサートで初めて聴いた人も多いと思うのが、ピーター・ジョーバックさんが第2部ラストに歌った「Gold Can Turn To Sand」です。私はジョーバックさんのアルバムを予習のために聴いて臨んだのと、ジョシュ・グローバンさんのミュージカル楽曲を集めた作品にも収められていたため、それなりに記憶に残っていたものの、公演会場での実演だと印象が全く違って、今後は大好きな1曲になりそうです。この曲が使用されるミュージカル『クリスティーナ』は、アバのビヨルン&ベニーのコンビが手掛けた作品で、その前に書いた『CHESS』と同様に完全な舞台公演としては成功していませんが、コンサート版は地元の北欧以外でも繰り返し上演されていて、カーネギーホール公演を収録した2枚組CDは、現在でも購入可能です。お芝居の形で観る機会は来なくても、私の心に1曲残りました。
    15:38 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可