穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
17
 
永岡ともよしです。過去の観劇実績からは、余り好んで選ばない宮本亜門さん演出作品でしたが、堂々とした舞台を観られて満足しています。王様役で主演の鈴木さんは、舞台でのお仕事を観るのは初の機会でしたが、発声が確かなので今後が楽しみな俳優さんですね。ヒロイン格に当たる二番目の妃を演じる倉科さんは、以前観た公演での印象が良くて今回は注目していましたが、言葉が明瞭で声も良く通りますから、やはり舞台公演向きの俳優さんだと思います。中村中さんや鳳蘭さんも、作品に合っていました。

『ライ王のテラス』 赤坂ACTシアター 2016年3月17日(木) 13時30分開演 《千秋楽》
 作:三島由紀夫 演出:宮本亜門 主催:ホリプロ、TBS 企画制作:ホリプロ
 出演:鈴木亮平、倉科カナ、中村中、吉沢亮、大野いと、神保悟志、鳳蘭、芋洗坂係長 ほか

ライ王
単純に面白おかしい作品ではありませんが、作り手と観客の双方が、こうしたお芝居にも正面から向き合わないと、演劇公演は深みを失うばかりですから、キャストの顔ぶれなど興行面で重要な要素も考えながら、様々な戯曲の上演を続けて欲しいですね。私は『ライ王のテラス』を選んで正解だったと思います。
    17:49 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可