穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
21
 
永岡ともよしです。今日は泊まり勤務が明けてから1度帰宅した後、JR新橋駅を目指して再度出掛けました。もちろんOSK日本歌劇団の『カンタレラ』千秋楽を観るためです。銀座・博品館と名乗ってはいるものの、JRの最寄り駅は新橋で、銀座のイメージが強い有楽町駅から歩こうとすると小さな遠足ですね。でも銀座の端に位置する博品館前から通りを眺めると、視界の先まで有名なお店が並んでいて壮観です。

横道に逸れてしまいましたが、実際に舞台を観るのは2度目となった千秋楽も、OSKの『カンタレラ』は充実感に満ちた公演でした。私はお芝居の部分だけで十分に味わい深いと思う上に過激な程の歌とダンスが加わって、大満足なのは当たり前です。今回主演の桐生麻耶さんが相当苦しそうにしていて、今までの公演では目にした記憶の無い姿が、OSK版『カンタレラ』初演の過酷さを象徴しているのでしょうね。

千秋楽のカーテンコールは出演者12名全員の挨拶(出身地・名前+短い感想)があって、今回の公演で一段と評価を高めた城月れいさんが、劇場内を爆笑の渦に巻き込んでいました。麗羅リコさんの芸風と余りに違う話しぶりも、落差が大きくて場を和ませますが、城月さんのトークは全て持って行く破壊力満載ですね。城月さん受けの立ち位置となる香月蓮さんが、後で挨拶するのを嫌がっていたのも納得です。
    21:06 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可