穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
11
 
永岡ともよしです。遠征の2日目は宝塚大劇場~梅芸メインホールでの昼・夕観劇で、今回の記事では雪組・大劇場公演の感想を簡単に書き残します。作品の内容以前に休演者続出が一般ニュースで紹介されるほどで、とうとう私の観劇した回からは、主な役柄を演じてきた1人(彩凪翔さん)も休演となりました。

宝塚歌劇団・雪組公演 『るろうに剣心』 宝塚大劇場 2016年2月11日(木) 11時00分開演
 原作:和月伸宏 「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」 脚本・演出:小池修一郎
 出演:早霧せいな(緋村剣心)、咲妃みゆ(神谷薫)、望海風斗(加納惣三郎)、鳳翔大(相楽左之助)、
    大湖せしる(高荷恵)、真那春人(=代役、武田観柳)、彩風咲奈(斎藤一)、星乃あんり(巴)、
    月城かなと(四乃森蒼紫)、彩みちる(明神弥彦)、夏美よう(山県有朋)、美城れん(井上馨) 他


原作者さんが私の父と同郷なので、掲載しなかった分を含めて、新潟の特定地域と結び付いた個人名が多数登場しますが、そんな親近感を除いても、やはり『るろうに剣心』の世界には魅力を感じます。それに激しい戦いの要素を極力抑えているので、家族揃って楽しめる娯楽作品に仕上がった印象ですね。ただし大劇場の平日公演でも前売りで残りが少ないほどの人気ぶりで、本当に家族全員での観劇を検討しても、実現は相当困難だと思います。最後になりますが、休演中の皆さんが無事復帰出来ますように。
    21:29 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可