穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
26
 
永岡ともよしです。昼過ぎまで三越劇場で新派観劇の後、帰宅して身支度を整えてから出掛け直して、今度は大手町にある読売新聞社のホール(500席)で、沼尾みゆきさんと上原理生さんのコンサートを堪能しました。それぞれのソロ曲・デュエット曲を組み合わせて、完全に二人が対等の関係で進むコンサートは貴重なだけでなく、質の高さという観点から判断しても、相当に得点上位の公演だったと思います。

『上原理生・沼尾みゆきジョイントライブ』 
    よみうり大手町ホール 2016年1月25日(月) 19時00分開演
 構成・演出:寺崎秀臣 ピアノ演奏:徳永洋明 出演:沼尾みゆき、上原理生


全てを完璧だったと書けば嘘になりますが、少なくとも数曲に関しては私が今まで聴いてきた内で、ベストの歌唱だったと表現しても誇張はありません。上原さんのソロ楽曲には体力勝負の面もあるため、音域を含めて苦しそうな場面は見受けられたものの、その部分だけ取り上げたとしても観客が落胆するような出来ではなく、私はチケット代金を5倍支払っても惜しくないと感じました。休憩なし、アンコールを入れて2時間弱に24曲披露した中から1曲選ぶなら、今回は「夜のボート」(『エリザベート』)を挙げておきます。
    08:56 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可