穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
19
 
永岡ともよしです。私は舞台公演全般に興味を持っていますが、やはり中心となるのは少女歌劇系の公演で、ニコ生を軸とした展開が楽しみなOSKや、100周年以降も勢いが止まらない宝塚に加えて、長崎県佐世保市に本拠地を置くハウステンボス歌劇団の動向からも目が離せません。ハウステンボス(HTB)に続き、同じHIS傘下に入って生まれ変わったラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)で新たに劇場が開場して、こけら落としからHTB歌劇団が出演すると発表されています。東京でも専用劇場の確保を探っているそうですし、拡大傾向は今後も継続しますね。現在は2チーム体制のHTB歌劇団ですが、お正月に本拠地で開催される特別公演では新チームのトップお披露目予定で、話題にも躍動感が溢れていますね。

HTB歌劇団といえば創設段階からOSK出身者が複数参加している他に、作品を生み出す側でも作・演出・振付・音楽と共通する名前が多くて、私個人では姉妹とまでは呼べなくても、従姉妹くらいには近い関係だと意識してきました。しかし約90年遅れの後発歌劇団でありながら、既に数字で表現可能な規模で捉えれば、HTBはOSKを凌ぐ大きさまで成長しつつあります。歌劇団OGではない新人さんでも、とにかく経験出来る公演数が何十倍も多いですから、促成栽培だと馬鹿にしていると、HTB入団から数年程度の皆さんが通常公演の主役を堂々と務めて、東海や関東の観客が喝采を送るようになる日は、決して遠くないだろうと私は考えています。宝塚に次ぐ少女歌劇の第2勢力は、もう直ぐHTBに変わりますね。
    12:58 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可