穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
12
 
永岡ともよしです。今日は泊まり勤務明けで水戸まで行って、新作の音楽劇『星の王子さま』初日を観ました。移動距離が長くて時間も掛かりましたが、十分に見合うだけの価値ある公演だったと思います。今後は埼玉・福井・東京・兵庫でも上演が予定されていますので、チケット購入済みの皆さんはもちろん、評判次第で当日券の観劇を考えている演劇ファンは、他の計画を撤回してでも出掛けて欲しい作品です。

音楽劇 『星の王子さま』  原作:サン=テグジュペリ 
 企画:高橋知伽江 脚本・演出:青木豪 作曲・音楽監督:笠松泰洋 振付:井手茂太
 出演:昆夏美、伊礼彼方、廣川三憲 《演奏》 服部桂奈(ピアノ)、小美濃悠太(コントラバス)
  ※埼玉公演のみ、コントラバス演奏は内田義範。他に地元からアンサンブルで複数参加。
【茨城公演】 水戸芸術館・ACM劇場 2015年12月12日(土)・13日(日) 全3回
【埼玉公演】 プラザイースト・ホール 2015年12月19日(土)・20日(日) 14時00分開演
【福井公演】 ハーモニーホールふくい・小ホール 2015年12月23日(水) 14時00分開演
【東京公演】 シアター1010 2016年1月10日(日)・11日(月) 14時00分開演
【兵庫公演】 兵庫芸文センター・中ホール 2016年1月16日(土)・17日(日) 14時00分開演


映画『アナと雪の女王』で作詞を担当して、急に名前が知られるようになった高橋知伽江さんも、初日に訪れた観客を出迎えていました。今回のような楽しい舞台と出会えるのなら遠出するのは全く苦痛に感じないので、水戸芸術館で制作に携わる皆さんには、どんどん東京や全国からお芝居が好きな人間を集めて欲しいです。素敵な作品が待っていれば、長時間の電車移動だって楽しみの1つに変わりますよね。

ところで、舞台上で生演奏を披露してくれるお二人の内、ピアノの服部さんは飛行士=作家の妻と、王子さまの星に咲くバラの役で台詞も披露します。プロの技量で圧倒する3人の本職に対して、服部さんの演技は見事なまでに「棒」なのですが、そこに絶妙な味わい深さが隠れていて、私は好印象が残りました。
    21:36 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可