穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
24
 
永岡ともよしです。最初に断っておきますが、私は昔から死刑制度には反対しています。他人の人権云々ではなく、死刑を形の上だけでも認めるという事は、定められた手続きさえ守っていれば、私の命を奪うと決めても構いません、そう宣言しているのと同じだからです。恐らく誰でも気持ちは変わらないと思いますが、私は絶対に殺されたくないので、制度としての死刑存続を訴える意見には正面から反対します。

ところで少し前にTVのニュース番組で視聴した映像だったと思うのですが、確か娘を殺されたらしい遺族の女性が登場していて、死刑廃止では恨みが晴らせないと存続を主張していました。その人自身は余計な考えなど挟んでいない率直な願いなのでしょうが、その女性の表情を見ながら、私は明確な恐怖を感じていたのです。私の周囲に凶悪な罪を犯して有罪になった人間はいないので、あくまでも映像作品・舞台公演で俳優さんが作る表情しか知らないものの、それこそ人命を奪うのが楽しくて行動しているような、恐ろしい顔が画面には映し出されていました。どんな理由があるとしても、誰かの死を強く求めるような人間の姿は、例えば俳優さんが演技プランとして考え出すような、凶悪さ一色に染まってしまうのですね。
スポンサーサイト
    22:04 | Comment : 0 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。