穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
30
 
永岡ともよしです。お馴染みだった古き良き会場が無くなって、一時は今秋の観劇は不要だと考えましたが、先日OSKの公式サイトで発表された菊人形公演の情報をチェックしていたら変化の大きさに興味が湧いて、2016年も福井県越前市を訪ねる意欲が急激に高まりました。菊人形公演を観に行きます。
2016菊人形速報会場に料金設定、入場券と観劇券の販売時方法など変更点ばかりですが、特に私が気になるのは開演時刻ですね。平日2回、土日・祝日3回の配分こそ変化が無いものの、最終回の幕を下ろす時刻が早くなって、2回または3回観るのに必要な時間も短縮されます。関西から特急電車などで往復するOSKファンは多いので、終演が1時間早くなるのは朗報だろうと思います。もちろん遠征観劇に出掛けるのは私も同様で、最終回の開演が14時ちょうどだと、15時過ぎに会場を出て武生駅まで歩いても、20時前の帰宅が可能となるため、出勤前の遠出が軽い負担で済みますね。待機時間の圧縮も、私は大歓迎です。
    11:59 | Comment : 0 | Top
 
28
 
永岡ともよしです。これまで私のブログの記事では何度かハウステンボスと歌劇団について書いて来ましたが、初めて長崎県佐世保市にある現地を訪問してミューズホールでの舞台公演も観劇しました。園内を歩き回って心地良い疲労を感じると共に、ハウステンボス歌劇団を今後も追いかけようと決めました。

ハウステンボス歌劇団公演 ハウステンボス内ミューズホール
 A.『BIG WAVE ~不死鳥海賊団 ブルーポセイドンの海を越えて~』 《7月19日まで上演》
  出演:チームフラワー(華) 脚本・演出・振付・音楽・衣装デザイン:はやみ甲 音楽:松岳一輝 
 B.『LOVE WITH BUTTERFLY ~あじさいの咲く頃に~』 《6月14日まで上演》
  出演:チームシャイン(光) 脚本:原田タイラ 演出・振付:雪菜つぐみ 音楽監督・作曲:林魏堂

私が初ハウステンボスを体験した日は、AABBの順番で4回公演が組まれていたのですが、最後は終了時刻が遅くなるのと、シャインのトップを務める優雅さん(宝塚歌劇団月組だった研ルイスさん)の声が酷い状態なのが辛くて、3回目の公演まで見届けて退場しました。優雅さんの状態が万全なら、きっとシャインの演目も印象が違って来ると思いますが、とりあえず前半2回上演の『BIG WAVE』は、1時間の枠内に収める少女歌劇系の短いミュージカル作品としては、ほぼ最高に近い満足度だと感じた面白さです。

応援している皆さんなら気付く通り、はやみ甲さん(脚本・演出など)と松岳一輝さん(音楽)のコンビはOSKの公演でもお馴染みで、この『BIG WAVE』は多少手直しして菊人形公演の出し物にしたり、別作品と組み合わせて2時間~2時間半の枠で上演する2本立てに組み込めば、全国どこの会場でも観客が大喜びするのは間違いありません。もし東京近郊で上演されれば、私は千秋楽まで毎日でも通い詰めます。
    06:46 | Comment : 0 | Top
 
26
 
永岡ともよしです。死傷者を増やそうと仕組んでいるなどとは書きませんが、東京・小金井で起こされた凄惨な事件に関する情報が増えるごとに、警察官に「未然に防ぐ」という意識が皆無なのは明らかだと痛感しています。単に職務怠慢なのではなく、死傷者を伴う事件の発生を防ぐのはNG行為だと、もちろん表向きには誰も口には出さなくても、内部では暗黙の了解として慣例化しているのでしょうね。馬鹿げていますが私に断言出来るのは、例え何年に何十回と同様の惨事を繰り返そうと、絶対に現場の警察官は取り組み方を変えません。そして犯人を逮捕した、有罪になったと手柄を誇るのでしょう。だから情報を全組織で共有して迅速な対応を取るなんて、被害者や遺族が命がけで訴えても、実現する日は来ないのです。
    11:55 | Comment : 0 | Top
 
23
 
永岡ともよしです。今日は横浜・神奈川芸術劇場に行って、宙組公演『ヴァンパイア・サクセション』の千秋楽を観劇しました。先に大阪での上演を済ませているので、この作品は全ての日程を終了しています。

宝塚歌劇団・宙組公演 ミュージカル 『ヴァンパイア・サクセション』 作・演出:石田昌也
 神奈川芸術劇場・ホール 2016年5月23日(月) 15時00分開演
 出演:真風涼帆、星風まどか、愛月ひかる、伶美うらら、京三紗(専科)、華形ひかる(専科) ほか


6日前の初日に観た際は余り感じなかったのですが、その後で明治座『御宿かわせみ』に出掛けてしまったため、比較すると作品の弱さが遥かに気になりました。登場人物の設定と結末は同じでも、組み合わせ方次第で充実度を高めるのは可能でしょうが、それだと客席で受ける印象は別物に変化しそうですね。

でも誤解の無いように書いておくと、劇場内の雰囲気は決して悪くありません。きっと工夫が足りない部分は大きくても、真風さんや愛月さんの柔らかで穏やかな持ち味が、作品の傾向に合っていたのだと思います。そう考えたら宙組『ヴァンパイア』は成功作なのでしょうね。私は星風さん演じるヒロインの良さを全面的に否定する意見には賛同出来ないですし、若い娘役さんに責任を押し付ける論調は見苦しいです。

千秋楽の挨拶で、大阪を含めた上演期間を振り返るようなお話しは出なかったと思いますが、当たり障りのない言葉を繰り返すだけでも、真風さんの優しい空気は観客に届いて、特に個人ファンではない私でさえ、幸せな気持ちで会場を離れました。こういう個性の男役さんがトップ昇格路線なのも楽しいですね。
    19:45 | Comment : 0 | Top
 
21
 
永岡ともよしです。観劇後に乗換駅で電車を降りたら、急に大粒の雨が落ちてきて驚きましたが、それくらいでは印象が薄くならないほど、今日の明治座『御宿かわせみ』は良い舞台でした。数々の原作エピソードから抜き出して編んだ脚本で、しかも幕間の休憩を除けば2時間余りに収めてあるため、間延びした感じが一切無く、しかも駆け足にならず穏やかに進むお芝居は、私の理想形に近い見事な良作ですね。

明治座 『御宿かわせみ 江戸の子守歌』 2016年5月21日(土) 16時00分開演
 原作:平岩弓枝 脚本・演出:G2 美術:横田あつみ 音楽:崎久保吉啓 製作:松竹
 出演:中村橋之助(神林東吾)、高島礼子(庄司るい)、
    西村雅彦、紺野美沙子、柳下大、高橋和也、朝海ひかる、片山陽加、中村宗生、
    柳田豊、岩橋道子、松永玲子、広岡由里子、中村橋吾、横山敬、木島杏奈 ほか


この舞台を観て心地良くならない人とは、どんな利益を約束されても付き合いたくありません。普段からG2さんの携わる公演には高めの期待値を設定して観劇に臨んでいますが、この『御宿かわせみ』を実際に観てしまったら、今後のハードルは何段階も高くなるのが当然でしょう。もちろん私は再演希望ですし、別のエピソードを集めた続編も期待しています。ただし、どんな形にしても次回の『御宿かわせみ』上演時には、もう現在の橋之助さんは中村芝翫さんを襲名しているので、この名前で神林東吾役を演じる機会は2度と訪れません。8代目と高島さんのコンビを中心とした『御宿かわせみ』との再会が待ち遠しいです。
    20:24 | Comment : 0 | Top
 
19
 
永岡ともよしです。オバマ米国大統領の広島訪問の話題が出始めた頃から、少し前に同様の感覚があったと意識していたのですが、それが組み立て体操(組体操)の件だと気が付きました。文部科学省の通達は注意喚起のみで、抜本対策は何も示さず、むしろ実施に意義が見出せるのであれば、続行は認められるべきだという方向性さえ感じられます。そして今回の広島訪問は、積極的に参戦する国になったと批判する声を逸らすため、準備が進められてきたイベントのような気がします。組み立て体操反対の合唱に水を差し、今度は戦争をする国への怒りをガス抜きして、自分の立場を有利にする意図が明確ですね。
    18:48 | Comment : 0 | Top
 
17
 
永岡ともよしです。今日は横浜の神奈川芸術劇場(NHK横浜放送局と同じ建物)に行って、宙組公演『ヴァンパイア・サクセション』の初日を観劇しました。大劇場~東京とは別枠の公演で、組の主演コンビは名作『王家に捧ぐ歌』で福岡・博多座に出演中です。こちらのグループは男役2番手の真風涼帆さんを主役にして、3番手スターの愛月ひかるさん、娘役ではヒロイン路線で強力に推されている星風まどかさん、アムネリス役を離れて登場する伶美うららさん+専科からのお二人が中心となるメンバー構成ですね。
横浜真風
宝塚歌劇団・宙組公演 ミュージカル 『ヴァンパイア・サクセション』 作・演出:石田昌也
 神奈川芸術劇場・ホール 2016年5月17日(火) 13時00分開演
 出演:真風涼帆、星風まどか、愛月ひかる、伶美うらら、京三紗(専科)、華形ひかる(専科) ほか


この作品は結末を最初に明確な形で示してしまうので、そこに到達する過程で捻るのかと思ったら、難しい仕掛けなどは一切無くて、観客を驚かせたり迷わせたりする展開はありませんでした。単純さは物足りなさにも通じますが、本来は大衆向けに特化した舞台公演である宝塚歌劇の本質からすれば、こんな構成が正しい在り方なのかも知れません。1週間の短期公演ですが、最終日まで日数を残しますので、ここでは細部に触れないでおきます。個人的に最も活躍が目立つのは、専科の京さんという印象でした。
    22:12 | Comment : 0 | Top
 
15
 
永岡ともよしです。これから時間差で視聴する人もいると思いますので、物語の詳しい展開には触れませんが、けさ放送のテレビ朝日系『動物戦隊ジュウオウジャー』は、とても印象に残るエピソードでしたね。番組スタート時から充実している『ジュウオウジャー』は、長い戦隊シリーズの歴史で屈指の名作となる可能性を感じます。その中で第14話は正義のヒーローが限界点を超えて奮闘しても、それだけでは解決出来ない物語上の現実さえ示して、奥深さを描き出してくれました。あの兄妹2人が今後どう生きるか、お話の先は気になりますが、続きは映像化しないで、想像させて終わるのが正しい選択肢かも知れません。
    10:35 | Comment : 0 | Top
 
12
 
永岡ともよしです。今日は渋谷の東急にあるシアターコクーンに行って、豪華な顔合わせによる『8月の家族たち』を観劇しました。演劇を数多く観る人のために上演されている作品というのが私の印象です。

シアターコクーン 『8月の家族たち』 2016年5月12日(木) 13時00分開演
 作:トレイシー・レッツ August:Osage County
 翻訳:目黒条 上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 出演:麻実れい、秋山菜津子、常盤貴子、音月桂、犬山イヌコ、羽鳥名美子、小野花梨、
    橋本さとし、中村靖日、藤田秀世、村井國夫、木場勝己、生瀬勝久


舞台公演の世界限定ではなく、知名度の高い出演者が参加しているので、熱心な演劇ファン以外の観客も集め易いと思うのですが、そうした経験値の低い皆さんに親切な作品かと問われたら、私は即座に「違う」と回答します。年に数回程度しか劇場に出掛けない人には、突き放された感じが残るでしょうね。中規模劇場のコクーンで賑やかな出演者からすれば、場内に目立った空席は寂しいですが、再度観る必要は無いのが私の率直な感想で、今後の日程を進めながら空いている場所が埋まるとは考え難いです。
    18:06 | Comment : 0 | Top
 
10
 
永岡ともよしです。帝国劇場で上演中の『1789』を、昼夜連続で観劇しました。東京公演は5月15日までですが、私が観るのは今日限りです。先に上演の宝塚・月組よりも、東宝版の方が充実していますね。

帝国劇場 『1789 -バスティーユの恋人たち-』
 2016年5月10日(火) 13時00分/18時00分 開演 《2回観劇》
 出演:《ダブルキャスト》
    【昼】 ロナン役~小池徹平、オランプ役~神田沙也加、アントワネット役~凰稀かなめ
    【夜】 ロナン役~加藤和樹、オランプ役~夢咲ねね、アントワネット役~花總まり
  《交替の無い出演者》
    ロベスピエール役~古川雄大、ダントン役~上原理生、デムーラン役~渡辺大輔、
    ソレーヌ役~ソニン、リュシル役~則松亜海、フェルゼン役~広瀬友祐、
    アルトワ役~吉野圭吾、ラマール役~坂元健児、ペイロール役~岡幸二郎、
    トゥルヌマン役~岡田亮輔、ロワゼル役~加藤潤一、デュ・ピュジェ中尉役~松澤重雄、
    ネッケル役~立川三貴、ルイ16世役~増澤ノゾム、ポリニャック夫人役~飯野めぐみ 他


最初は花總まりさんの名前しか出ていなかったマリー・アントワネットに、追加で凰稀かなめさん出演が発表された時には、私の観劇意欲を削ごうとする悪意としか感じませんでしたが、実際に舞台を観れば退屈しないだけに止まらず、今後の出演が楽しみになる王妃役での東宝・帝劇デビューだったと思います。

この東宝版『1789』を観て、満足度が低いとか印象に残る曲が無い(または少ない)などと書いている人は、もう頭に新しい情報が入り難くなっているのに違いありません。自分の感覚が古くなったのを認められなくて、音楽や映像作品の劣化を訴えているのは、ほぼ100%が年齢の高い層ですが、『1789』は決して若くないだけでなく、かなりの本数を消化して観劇慣れしている男性客からの反応が良好で、否定的な意見を並べている人を見かけたら、既に演劇ファンとして終わっている輩だと考えるべきでしょうね。
    23:05 | Comment : 0 | Top
 
08
 
永岡ともよしです。今日はOSK大阪松竹座公演『春のおどり』千秋楽でした。まだ全日程を通しての総括的な記事は読んでいませんが、8日間の公演は好評だったようですね。そのままの演目と出演者が移動して、2か月先に開催される新橋演舞場『夏のおどり』は昨日5月7日が一般発売日で、24時間拘束の勤務中だったために購入操作が難しかった私は、帰宅後に他の用件を済ませてから、先ほど2回分を予約しました。勤務との兼ね合いはあるものの、東京での公演だけに追加購入は可能だと思いますので、『春のおどり』に関するブログ記事を読み返しながら、最終的な観劇スケジュールを決定するつもりです。
    19:22 | Comment : 0 | Top
 
05
 
永岡ともよしです。仮に自分が米国の有権者なら絶対に票は入れませんが、日本と米国の関係を正常な間柄に変えるためには、トランプ大統領の方が望ましいのかも知れません。私たちは米軍の駐留を許しているのですから、小国の年間予算規模の見返りを受け取るのが当たり前で、特に様々な危険を背負いながら重い負担を強いられている沖縄県など、税収皆無でも各自治体が財源に困らない程度は実現して欲しいですよね。基地を構えている上にお金まで要求する米国の横暴を認めていたら、何年経っても日本は独立を回復出来ません。対等な日米関係の構築に向けて、トランプ大統領の登場を期待しましょう。
    20:01 | Comment : 0 | Top
 
02
 
永岡ともよしです。勤務の関係で遅くなりましたが、今年も『春のおどり』観劇予定回数を選んでもらう投票を無事に終了しました。今回は開設した本人が出掛けられない公演で、積極的に期待感を記事に書けないまま開幕=締切を迎えましたが、投票してくれた11名の皆さんには、心から感謝したいと思います。

投票結果(総数12票)
☆5票・・・「2~5回」
☆2票・・・「6~10回」、「1回に全力」、「今年は待機」
☆1票・・・「11~15回」

以上の結果となりました。これまで7回実施した投票の総数だけ振り返ってみます。

2010年・・・10票
2011年・・・11票
2012年・・・20票
2013年・・・15票
2014年・・・19票
2015年・・・20票
2016年・・・12票

このように推移していて、今年は過去最大の落ち込み幅を記録しました。開幕直前になれば駆け込みで投票数が伸びるような、根拠の無い思い込みがあったのですが、それは捨てないと現実を受け入れられませんね。OSKに関しては誰とも結び付かない形で行動しているので、これからは過剰な期待など抱かずに、同じ形式での投票を継続します。参加者が自分以外にはいなくなっても、絶対に止めません。
    17:43 | Comment : 0 | Top