穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
30
 
永岡ともよしです。テレビ東京系・新ウルトラマン列伝内の企画としては、『ギンガ』に続く新たな30分枠展開の『ウルトラマンX(エックス)』が、2015年7月14日(火)に放送開始と明らかになりました。ギンガとギンガSの世界や登場人物たちが、とりあえず現在の中心から1つ前の立場に古びてしまうのは寂しいですが、また特撮ファンを喜ばせてくれる材料が増えるのだと受け止めれば、私にとって歓迎する以外の選択肢など、最初から在りはしません。2ヵ月半後の『ウルトラマンX』スタートが、今から大変楽しみです。
    20:23 | Comment : 0 | Top
 
28
 
永岡ともよしです。6月1日(月)~7日(日)に、大阪松竹座で開催される2015年のOSK日本歌劇団『春のおどり』は、昨日4月27日にチケットが一般発売となり、私も後半の日程で2回分を確保しました。東京の職場を何日も連続して離れるのが難しいため、これが現状での限界に近いのは残念ですが、今回の観劇計画に関しては何か仕事面での障害が発生しても、絶対に予定をキャンセルしない強固な決意で対応します。別の書き方をすると邪魔が入れば退職する覚悟で、必ず6月の大阪に出掛けるつもりです。
    18:48 | Comment : 0 | Top
 
26
 
永岡ともよしです。一番大事なのは公演そのものの内容ですが、興行である限りチケットが一定の数字に到達出来なければ、ファン以外の皆さんに尊重してもらうなど無理なお願いで、次回以降の保証など誰に求めるのも困難でしょう。いよいよ4月27日一般発売のOSK日本歌劇団『春のおどり』だって例外ではなく、多分勤務との兼ね合いで2回しか観られない私の小さな貢献も、それを積み重ねなければ何も確かにはならない貴重な2枚に違いないのです。私は一般発売で購入するので、確保可能な範囲で最良の座席を追求しながら、東京で暮らす1人のOSKファンとして、しっかり責任を果たしたいと思っています。

OSK日本歌劇団 『レビュー 春のおどり』 トップスター 高世麻央 お披露目
 大阪松竹座 2015年6月1日(月)~7日(日) 全14回 ※11時30分/16時00分開演
 料金:一等席 8,500円 二等席 4,500円 2015年4月27日(月) チケット一般発売
 第1部 道頓堀開削400年 『浪花今昔門出賑』 構成・演出・振付:山村友五郎
  −トップ披露 ご挨拶— ※高世麻央さんからのご挨拶です
 第2部 『Stormy Weather(ストーミー・ウェザー)』 作・演出:荻田浩一
    21:25 | Comment : 0 | Top
 
23
 
永岡ともよしです。勤務日程との関係で、例年より1週間から10日も早くなりましたが、また今年も新潟県にある父の実家で春休みを過ごしています。新潟らしい話題を新聞やテレビ放送から探すと、渡辺謙さんの出演するブロードウェイ作品の開幕に合わせてNYの劇場を訪れた地元・魚沼の応援団、そして秋の発足に向けてスポット映像が流れていたNGT48あたりでしょうか。渡辺謙さんは新潟を発って東京、そして海外にまで進出しましたが、逆にAKB48グループは新潟に来てくれますね。停滞しないのは大歓迎です。
    21:58 | Comment : 0 | Top
 
20
 
永岡ともよしです。ずい分と長く待ちましたが、いよいよ今年のOSK日本歌劇団『春のおどり』(大阪松竹座)も、1週間後の4月27日にチケット一般発売を迎えます。当日は出勤なので休憩時間を上手に活用して、目標の日程で理想に近い位置の座席を確保出来るように、精一杯努力しないといけません。何しろ6月上旬にして、2015年の初観劇遠征となる予定ですので、チケット獲得に臨む意欲は満々です。
    22:23 | Comment : 0 | Top
 
18
 
永岡ともよしです。職場全体で一斉休業の無い私は、自分の判断で毎年3回(年初、春、夏)の連続休暇を取っていますが、今年は人員のやり繰りで都合が悪いため、例年は世間の大型連休に合わせている春季の休みを1週間以上早く、21日から4日間確保しました。観劇目的で東京を離れるケースを除けば、私が続けて休む時の目的地は決まっていて、必ず父の実家(新潟県)に向かいます。北陸新幹線の延伸開業後に新潟を目指すのも初めてですし、かなり従来とは違う雰囲気を感じる春休みになりそうですね。
    23:07 | Comment : 0 | Top
 
16
 
永岡ともよしです。余りにも馬鹿げているので、原発の再稼動など考える気も起こらない常識人の私にとって、それでも動かして欲しいと訴え続ける福井県の人たちの姿は、いくら原発依存の経済体質であっても、危険性を考慮すれば理解不能なのですが、こんな言葉を現地で声に出してしまったら、それこそ国賊扱いされて罵られるのでしょうか。何度も訪問して大好きな福井だからこそ、間違った方向を目指している現状を決して諦めず、これからもバツ印を高く掲げ続けて、訴え掛ける必要があると思っています。
    20:47 | Comment : 0 | Top
 
14
 
永岡ともよしです。今日は普段の職場を離れて、夕方まで研修に参加して来ました。内容は充実していて大変勉強になったのですが、遠い会場なので疲れました。特に今回は前日に舞台公演を立ち見で観劇したため、研修単独よりは疲労感が深くなったようです。幕間の休憩を含めて3時間の上演ですし、チケット購入に並んでいた時間も1時間以上あったので、無謀ではなくても適切とは言えない行動でしたね。
    21:01 | Comment : 0 | Top
 
12
 
永岡ともよしです。明日の東京は冬の冷え込みで雨が降るという予報ですが、立ち見20枚だけ発売予定の当日券を目指して、赤坂の劇場まで出掛けるつもりです。今年は先行段階から積極的にチケットを購入して日程を埋めるのではなく、ある程度の空白を残しながら気になる演目に対応する行動計画を意識しているので、目指している通りのパターンなのですが、枚数から考えると空振りの覚悟も必要ですね。
    23:39 | Comment : 0 | Top
 
09
 
永岡ともよしです。昨日の午前中、泊まり勤務明けで帰宅する途中の最寄り駅に到着した頃には、みぞれ混じりの雨が降っていました。冷え込むと事前に気象情報で知ってはいても、手袋が必要な冬の寒さを体感すると、春という季節の不安定さ改めて確認出来ますね。ところで5年前(2010年)の東京でも、4月に降雪を記録したとニュースが流れていて、完全に忘れていた自分の記憶力に驚いてしまいました。今朝は外が明るくなって、日中は春らしくなりそうですが、まだ安定した陽気には日数が必要なようですね。
    10:37 | Comment : 0 | Top
 
06
 
永岡ともよしです。日本でも注目する人の多い新『サンダーバード』のTVシリーズ放送が、英国でスタートしましたね。2015年4月4日から、毎週土曜日の朝8時は英国各地で、新作映像の『サンダーバード』がテレビ画面に登場します。イントロ(OP映像)がネット上で公開されていて、短時間でも興奮しますね。
違法なアップロードなどではなく、早く日本でも一般的に普及した形式で、国際救助隊の新たな活躍が楽しめる体制を整えて欲しいです。理想はNHK地上波で週末の夕方ですが、余り贅沢は言いません。
    10:01 | Comment : 0 | Top
 
05
 
永岡ともよしです。どの作品を元祖と認定するのか、まだ厳密には歴史が定まっていないのかも知れませんが、とりあえず有名な『秘密戦隊ゴレンジャー』第1話の放送開始は、1975年4月5日(土)19時30分だったそうで、つまり今日が40周年の目出度い記念日なのですね。今朝放送の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では、特に40周年に絡めた展開はありませんでしたが、来週は過去2作品存在する忍者系戦隊からレッドがゲスト参加するので、それが節目のシリーズらしい企画の第1弾となる可能性も考えられそうです。ただ4年前の『海賊戦隊ゴーカイジャー』(『ゴレンジャー』を基点に35作目)では、通年で過去の出演者が繰り返し登場したので、『ニンニンジャー』でも再現するのは、ちょっと間隔が短い気はしますね。
    14:38 | Comment : 0 | Top
 
02
 
永岡ともよしです。個人的には目指していた週末=千秋楽の観劇が実現せず、ネット中継で初日の映像に触れて我慢しようと決めたOSK日本歌劇団『狸御殿』は、今日4月2日に4日間の公演が開幕します。一昨年の菊人形公演に続いて井上泰治さんが手掛ける時代劇ミュージカルで、賑やかな楽しい舞台が観られるのでしょうね。ちょうど桜が満開で、OSKの春を象徴する時期の公演でもありますから、6月に控える高世麻央さんのトップお披露目よりも2歩先の、100周年に迫る歌劇団の姿を予感させるような新作を期待したいと思います。観劇を済ませたファンの皆さんは、楽しみにしているので報告をお願いします。
    14:11 | Comment : 0 | Top
 
01
 
永岡ともよしです。2016年夏の公開が予定されている国内版『ゴジラ』の監督に、庵野秀明さんと樋口真嗣さんの名前が発表されました。これが1990年代の後半ならともかく、私は手放しで「とても楽しみ!」とは喜べません。きっと中身の詰まった凄い作品に仕上げてくれるとは思いますが、私よりも父に近い世代のお二人が、どこまで2016年から先の『ゴジラ』や日本の特撮作品へと続く道を提示してくれるのか、決して小さくない不安も抱えながら、来年の夏を待ちたいと思います。総監督・脚本の庵野さん、監督と特技監督を兼ねる樋口さんが、私の心配など杞憂に終わらせて、新時代を切り拓いてくれますように。
    18:06 | Comment : 0 | Top