穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
24
 
永岡ともよしです。OSK日本歌劇団の娘役さんが、現役・OG合わせて9名も出演中の松竹座『道頓堀パラダイス』は、今日9月24日に千秋楽を迎えます。OSKの前身である松竹楽劇部の創設当初を描きながら、舞台の場面などは必ずしも時代設定に固執しない演出を選択したようで、その辺りを気にせず観れば楽しい舞台のようですね。私も長時間の移動が要らない地域に住んでいれば、確実に何度か観に出掛けたでしょう。この作品が同じキャストで東京に来るのは難しいとしても、OSKで培った実力を発揮出来る舞台公演が今後も次々に作られて、さらに関西地区以外でも観劇の機会が増えていって欲しいです。
    10:13 | Comment : 0 | Top
 
15
 
永岡ともよしです。先週末に放送のテレビ東京系『アド街ック天国』では、千葉県流山市全域を特集していました。流山市といえば、隣接する地域を含めて、TBS系の2014年7月期アニメ『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。』の舞台になっている、流川市のモデルとして注目されていますよね。アニメの設定では余り目立つ売り物の無い流川を盛り上げようと、特に芸能人志望でもなかった普通の女子高生が、【ろこどる】=ローカルアイドル「流川ガールズ」に加わって活動する姿を描いていて、そちらを意識しながら『アド街』を視聴していたのですが、実際の流山市には魅力的な要素が詰まっているのですね。少々遠いものの決して出掛けるのが難しい立地ではないので、いつか流川ではない流山市を訪ねてみたいです。
    21:09 | Comment : 0 | Top
 
08
 
永岡ともよしです。京都まで行って、OSKの先斗町歌舞練場公演を観てきました。画像では目にしていても、実際に入ると歴史豊かな歌舞練場には独特の雰囲気があって、会場に足を踏み入れただけでも遠征した価値は十分だと感じました。公演の時間配分は、およそ30分+休憩25分+45分ほどで、OSKの男役スター4名と先斗町の芸妓さん・舞妓さんが共演する構成の第1部は、これまで未経験の緊張感を伴って、かなり充実していたと思います。幕間の休憩中、歌舞練場内を見学しながら、とても楽しい気持ちで過ごしていました。でも後半の演目が始まってしまうと、いつまで待っても精神が高揚する場面は登場しないで、まるで地獄に突き落とされたような急降下を味わったのです。1月・高石公演で知った酷い落胆に、今後OSKの舞台を観るのは止めようと、一瞬ですが本気で考えました。再び同じ作者によって、出来の良し悪しを判断する以前の何か(あれはお芝居などではありません!)を見せられて、私は改めて覚悟を決めました。もし「吉峯暁子」という名前をミュージカルの作者として見つけたら、無料で交通費や食事代まで負担してくれても、絶対に観に行きません。出演者を惨めにさせるのは、犯罪同然の行為だと思います。
    21:04 | Comment : 4 | Top
 
06
 
永岡ともよしです。OSK9月公演の観劇予定を教えてもらう投票は、5日(金)限りで受付を締め切って、最終的には17票が集まりました。私の1票を除く16名の皆さん、投票への参加ありがとうございます。

投票結果を得票数の多い順番に並べると
 (1) 5票・・・東京のみで
 (2) 4票・・・京都・大阪で
 (3) 3票・・・3会場すべて
 (4) 2票・・・京都・東京で、京都のみで 《同数》
 (5) 1票・・・大阪のみで
 (6) 0票・・・東京・大阪で、今回は我慢 《どちらも得票無し》

以上の通りとなりました。東京地区在住、関西の地元ファン、そして場所を問わないOSKファンの順に意見が示されて、応援する皆さんの現状が多少は把握できた印象です。ファンの在り方も変化していますね。
    10:58 | Comment : 0 | Top
 
05
 
永岡ともよしです。今日は東京・市ヶ谷に行って、別府葉子さんのコンサートを楽しんできました。昨年までとは違う会場での公演で、それが印象を変えた面もあるとは思いますが、観客に楽しんでもらおうとする意図が、従来よりも明確に示されていたような気がします。ただし客席の年齢層も狭くはないので、1つの狙いで全てをカヴァー出来ないのは仕方ありませんね。それでも葉子さんが歌う「北ウイング」など、事前には想像もしていなかった選曲で、私には今回の東京コンサートを象徴する思い出の1曲になりそうです。

会場のルーテル市ヶ谷ホールが、多少分かり難い立地だったからか、周辺で迷っている「それらしい」方々の姿を見かけたので、単なる1ファンに過ぎない私ですが、勝手に何組か案内させてもらいました。でもこんなヴォランティアは不要なのが正しい形だと思いますので、公演内容の工夫と同じように、開演までの円滑さを高める努力も欠かせませんね。次回は会場の内外で、さらに素晴しいコンサートを期待しています。
    21:59 | Comment : 0 | Top
 
03
 
永岡ともよしです。9月5日(金)には、旧あし@経由で交流のあったシャンソン歌手の別府葉子さんが、毎年恒例のコンサートを東京で開催します。普段は関西方面で活躍している別府さんなので、東京で生演奏に触れられる機会は大変に貴重なんですよ。「恒例」と書きましたが、お馴染みだった代々木上原の「けやきホール」は使えなくて、今回はルーテル市ヶ谷ホールという新たな会場での東京公演となります。会場が移動するのは少し残念ですが、今年も物語性豊かな歌声が東京で聴けるのは本当に楽しみです。
    22:26 | Comment : 0 | Top