穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
27
 
永岡ともよしです。先日、北千住にあるシアター1010に行って、ミュージカル座の『何処へ行く』を観てきました。題名だけでは分からないかも知れませんが、60年以上前に公開された米国映画『クオ・ヴァディス』と同じ原作に基いた作品です。ミュージカル座が上演したのは独自の舞台ミュージカルなので、大家ミクロス・ロージャの書いた有名な映画音楽は登場しませんが、約700席というシアター1010の広さ以上に大きく感じられる作品だったので、『クオ・ヴァディス』の楽曲を聴きたくなりました。完全版のサントラは発売されていなくて、複数の再録音盤が出回っている中では、映画のスコアを初めて全曲録音した近年のアルバムが、映画『クオ・ヴァディス』の壮大なスケール感を音で体験するのには、今のところ最適なようです。
    16:21 | Comment : 0 | Top
 
20
 
永岡ともよしです。私のブログでは紹介が遅れましたが、2014年のOSK『春のおどり』本チラシの画像が公開されましたね。本当は実際の舞台こそ最高の刺激であって欲しいのに、余りにも低調だった高石公演で意気消沈して以来、OSKを応援する気持ちに陰りが生じていましたが、新しい画像に触れて予想外にリフレッシュ出来ました。仕事の都合もあるので長期間の関西滞在は難しくても、何とか2日間以上は確保して、現在の主力級が揃う形では最後となる大阪松竹座の舞台を、しっかり見届けて来たいと思います。

なお、OSKの主な公演では毎回実施している観劇回数の予定を教えてもらう投票ですが、今年は『春のおどり』開催時期が5月半ば以降と例年よりも遅いので、4月下旬くらいからの受付開始を想定しています。
    09:53 | Comment : 0 | Top
 
13
 
永岡ともよしです。最近は週に1回程度の更新が定着しつつありますが、PCのこちら側で私は元気に過ごしています。実は2日前から3連休なのですが、余計な外出は控えて大量に録画したアニメを消化したり、別名義で展開している舞台公演中心のブログに時間を割いていました。天気予報で警告されていた通り、今日の東京地方は風の強い状態が続いていて、観劇などで出掛ける予定が入っていないのは、結果的に大正解だったと思います。気候は穏やかな方が嬉しいですが、風に乗って春が駆けて来るのでしょうね。
    16:01 | Comment : 0 | Top
 
06
 
永岡ともよしです。5日前に前回の記事を書いてから、OSK関連で幾つか動きがありましたね。ファンの反響が大きかった『カルディアの鷹』は3月2日に千秋楽を迎えて、その翌日は松竹座『春のおどり』~新橋演舞場公演に向けた会見が開かれました。松竹座(5月15日~25日)・演舞場(8月1日~3日)の間には、奈良県文化会館・国際ホールで関西フィルハーモニー管弦楽団(指揮:海老原光)とOSKトップ桜花昇ぼるさんの共演が、6月25日・19時開演の1度限りで実現する企画も開催されます。桜花さんは退団後も芸能活動を続けるようなので、むしろ従来に増して様々な舞台に登場する機会が多くなるのかも知れません。もちろん劇団内のトップとして尊重されてきた立場は失いますが、真価を問われて課題に答えてこそ、固定客からだけ声援を受けてきた狭い世界を飛び立って、本当のスターに成長する絶好機なのだと思います。
    17:13 | Comment : 0 | Top
 
01
 
永岡ともよしです。私を含めて数多くのブログ好きが利用していた「あし@」がサービスを終了してから、早くも1ヶ月が過ぎました。最終的にお気に入り登録していた中で、定期的な更新が維持されている各ブログには、あし@経由で情報が入らなくなっても、ちゃんと訪問を続けています。以前のように跡は残せないので、認識してもらうのは難しいと思いますが、更新が長期間停止しない限り、私は1度お付き合いの始まったブログから離れたりしません。あし@で交流していたブロガーの皆さん、これからも末永くお願いします。
    21:42 | Comment : 0 | Top