穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
28
 
永岡ともよしです。週末は関西で過ごしていましたが、その間に私の自宅から近い東京競馬場(府中市)では、他の出走馬に比べて過去の実績が見劣りするジャスタウェイ号が優勝しましたね。普段は競馬の話題など取り上げないのに奇妙だと感じるかも知れませんが、アニメも大好きな私にとって忘れられない作品の1つ、『銀魂』と深く結び付いた馬による主要レースの制覇は、この時期の話題として見逃せません。

天皇賞馬となったジャスタウェイ号の名前は、『銀魂』に登場する珍妙なアイテムに由来していて、アニメや原作コミックスに親しんでいる人なら、特別熱心なファンでなくても必ず知っていると思います。同馬のオーナーはTVアニメのシリーズ構成を担当してきた脚本家・大和屋暁さんで、以前から競馬好きだったようですね。こんな風に作品内から取った名称で競走馬が活躍を続けていると、多様な媒体で紹介される機会が増えるだけに、『銀魂』健在を広くアピールしてくれるようで、私もジャスタウェイ号を応援していました。競馬だと一瞬の事故が馬の生命を奪う例が幾らでもあって、何とか20歳~30歳まで生き残って欲しいです。
    20:51 | Comment : 0 | Top
 
23
 
永岡ともよしです。OSK日本歌劇団は毎年秋に福井県越前市で開催される「たけふ菊人形」に参加していて、2013年は10月3日(木)から11月10日(日)まで公演中です。39日間に及ぶ長い日程も、もう真ん中を通過して折り返しましたね。今年の菊人形公演で注目点といえば、数年前まで客席から声援を送る地元の中学生だった穂香(ほのか)めぐみさんが、OSK新人メンバーとして出身地に凱旋しているのが最大の話題でしょう。でも今後の展開まで考えると、井上泰治さんのOSK公演初参加も見逃せません。

井上泰治(いのうえ・やすじ)さんの名前だけ見ても直ぐ気付く人は少ないかも知れませんが、長年放送された『水戸黄門』など、テレビの時代劇で多くの実績を残してきた作・演出家さんです。菊人形公演の前半で上演するお芝居は時間の制約が厳しいですし、お互い初めてで手探りの部分もあったでしょうね。しかし娯楽時代劇の分野で活躍してきた方ですから、地域に密着した公演が中心のOSKには今後の重要な戦力になると思います。また東京で公演数を重ねてきた三越劇場は、基本の客層が高めの年齢層に固まっていますので、構成が明快で分かり易いお芝居は、きっと好評を得られるに違いありません。菊人形以外の公演なら1時間程度の長さが確保出来ますから、井上さんには2作目以降も大いに期待しましょう。
    22:41 | Comment : 0 | Top
 
19
 
永岡ともよしです。OSKファンの皆さんがブログに載せている感想を読むと、今年の菊人形公演は凄く楽しそうなので、当初から考えていた期間最終盤での観劇に1回追加する可能性を検討していたのですが、勤務日程のスキ間に武生までの往復を詰め込むのは様々な点で負担が重過ぎると判断して、やはり1度限りと決めました。武生から戻ったら年内は遠征に出ないので、当分は東京に来てくれないOSKの舞台を次に観られるのは、1月18・19日に開催される大阪・高石市アプラホールでの公演になると思います。
    09:12 | Comment : 0 | Top
 
14
 
永岡ともよしです。今日は夕方から近所のスーパーまで買い物に行ったのですが、ようやく出歩いても大量には汗をかかない気候になりましたね。もともと身体を動かすのは好きなのですが、短時間でも外出する度に衣類が汗でビッショリと濡れてしまうのでは、成果が少ないのに洗濯物ばかり増やしてしまい、無駄が多いように感じていました。これから快適に活動可能な過ごし易い季節が始まるのだと信じたいです。
    22:45 | Comment : 0 | Top
 
10
 
永岡ともよしです。2015年の春に長野~金沢間で延伸開業する北陸新幹線で、設定される4タイプの列車名が発表されました。他の路線と大きく異なるのは、富山~金沢を往復するシャトル便でしょうね。

☆東京~金沢・速達タイプ 「かがやき」
☆東京~金沢・各駅タイプ 「はくたか」
☆東京~長野・現行タイプ 「あさま」(名称も現在の長野新幹線と同じ)
☆富山~金沢・往復タイプ 「つるぎ」(1時間に1本程度シャトル運行)

東京を基準にすると想像が難しいと思いますが、大阪から北陸方面を結ぶ在来線の特急は連日数多く運行されていて、現在は大阪や京都から金沢を越えて富山まで走っている電車も、北陸新幹線が延伸開業すれば全て金沢止まりに変更されます。つまり乗り継ぎの連絡に配慮が足りないと、関西と北陸の鉄道による移動に関しては、逆に利便性が損なわれてしまう可能性がある訳ですね。例えば今なら大阪駅から特急「サンダーバード」に乗車して、そのまま富山まで行けるのに、北陸新幹線の延伸開業後には金沢での乗り換えが必ず必要になります。別の表現を選ぶと、在来線特急の利用を邪魔しないために運行される珍しい新幹線と捉えても間違いではないでしょうね。1年半後、2015年春の延伸開業が楽しみです。

※個人的に北陸方面といったら、現在OSKが公演中を行っている福井県の武生駅が最初に浮かんで来ます。菊人形公演を北陸新幹線利用で観に行くとして、実際に乗れるのは2年先の秋以降になりますが、東海道新幹線から米原乗り換えで在来線の特急を使う方が所要時間は短くて済みそうです。でも私は新しい路線に興味津々で、2015年の秋には北陸新幹線で金沢まで行くルートで武生を目指すでしょうね。
    17:00 | Comment : 0 | Top
 
07
 
永岡ともよしです。昨日(6日)の朝から関西に滞在して、夕方の新幹線で東京に戻ってきました。本命の観劇以外に嵐山を散策しようと計画したのですが、10月としては記録的な暑さになってしまい、無謀な体力消費を避ける意味で、寄り道せず用意したチケットだけ使い切って遠征を終了しています。京都を代表する観光地である嵐山は、先日の台風で被害が出た地域でもあるため、少しでも回復に貢献したいと考えたものの、劇場に着く前に自分が体調を崩しては目的を果たせないので、今回は嵐山訪問を諦めました。
    23:40 | Comment : 0 | Top
 
03
 
永岡ともよしです。やっと観劇遠征への復帰は決まったものの、早い段階で確保してあったチケットを無駄には出来ないので、まだまだ自由に日程を組む余裕は無いのですが、今後の目標として絶対に外せないOSK日本歌劇団たけふ菊人形公演が、今日・10月3日に福井県越前市で開幕しました。地元にお住まいの葉桜さんがブログに載せた感想を読むと、前半のお芝居・第2部の洋舞とも良い出来栄えのようですね。武生に向かうのは何週間か先でも、それまで不安ではなく期待を膨らませながら日々過ごせそうです。そして今回の公演では、数年前まで客席で華やかな舞台を見つめていた越前市出身の穂香めぐみさんが、OSKの一員として凱旋を果たしているのも話題の1つで、場内の雰囲気を盛り上げる力になるでしょうね。今まで何度か通ったJR武生駅からの道を、また菊人形の会場まで歩める日が本当に楽しみです。
    22:25 | Comment : 0 | Top