穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
30
 
永岡ともよしです。今回はアニメ関連のお話を書きます。7-9月期にシリーズ構成を手掛けた『異国迷路のクロワーゼ』では、心地良さに眠くなるほど緩やかに時間が流れる作品を送り出してくれた佐藤順一さんですが、この秋からは監督作2本にコミックスの原作までスタートして、活躍から益々目が離せません。

少し前に10月放送開始のアニメ作品一覧を掲載した際にも紹介した通り、『ファイ・ブレイン』で監督、『たまゆら』の方は監督・シリーズ構成ほかの肩書きが付いていて、子供の頃から佐藤順一さんが携わったアニメで楽しませてもらってきた私としては、どちらも1度は内容を確かめておきたい新番組となっています。

ブレイド11月号そして連載コミックスの原作・監修の形で関っているのが、『Mortal METAL 屍鋼』(月刊コミックブレイド)です。タイトルの屍鋼は「シバガネ」と読ませるようですね。更にメインメカニックデザインが河森正治さんとなれば、当然アニメ化に向けて動いている企画なのだろうと思います。こちらも月刊誌への連載が始まったばかりで、今後の展開に注目しましょう。

現在まだ開設していませんが、新しい投票では佐藤監督のアニメ作品から選んでもらうつもりで検討中です。『セーラームーン』『おジャ魔女どれみ』に『カレイドスター』『ARIA』『ケロロ軍曹』など候補作多数で、私なら悩むばかりで1つには絞れないかも知れません。10月上旬の内には受付開始をお知らせすると思いますので、その時は皆さんの協力をお願いします。
    22:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
29
 
永岡ともよしです。そろそろOSKに特化した記事を書いておかないと、東京公演が実現して気持ちが切れてしまったと疑われそうですので、10月以降の公演予定を並べておきます。何も新しい情報はありませんが、少しでもOSK日本歌劇団の活動に関心を持ってくれた方の参考になれば幸いです。

たけふ菊人形公演『戦国の絆/パッショーネ』
【会場】福井県越前市武生中央公園 大劇場(越前市文化センター中ホール)
【期間】2011年10月1日(土)~11月6日(土) 期間中無休
【出演】桜花昇ぼる・朝香櫻子・緋波亜紀・折原有佐・美砂まり・真麻里都・蒼音淳・虹架路万・和紗くるみ・瀬乃明日華・桂稀けいと・白藤麗華・香月蓮・華月奏・遥花ここ・星南ゆり・かなめ樹里 《全17名》
【開演】10時半~・14時半~(平日2回) 10時~・13時~・15時~(土日祝日3回)
【料金】菊人形の入場料1,000円(高校生以上 小中学生は500円)+観劇料800円が必要です。

「オ・セイリュウ」OSKショー
【会場】大阪市中央区東心斎橋 ゲストハウス「オ・セイリュウ」
【期間】2011年10月3日(月)~11月30日(水) 月・水・木・金曜日のみ(祝日休)
【出演】楊 琳・舞美りら・妃那マリカ・城月れい・風海旬・麗羅リコ・由萌ななほ 《全7名》
【開演】20:30~21:30(休憩15分)
【料金】3,500円(「オ・セイリュウ」06-6243-0041で電話予約受付中)

『Song&Act with Dance 心斎橋らぷそでぃ』
【会場】大阪市中央区心斎橋筋 大丸心斎橋劇場(大丸心斎橋店北館14階)
【期間】2011年10月28日(金)~30日(日)
【出演】高世麻央・牧名ことり・平松沙理・恋羽みう・悠浦あやと・愛瀬光 《全6名》
【開演】18時半~(28日)、12時~・16時~(29・30日)
【料金】5,000円(チケットぴあ、ローソンチケットほか発売中)

いかるがホール公演
【会場】奈良県生駒郡斑鳩町興留 いかるがホール(最寄り駅はJR法隆寺)
【期間】2012年1月29日(日)
【出演】桜花昇ぼる ほか(未発表)

東京(三越劇場)公演
【会場】東京都中央区日本橋室町 三越劇場(日本橋三越本店・本館6階)
【期間】2012年2月 (詳細未発表 下旬?)

来年2月の三越劇場は、韓国産ミュージカル『パルレ(洗濯)』日本版の上演が4日(土)~16日(木)に入っていますので、土日を含む4日間程度の日程を想定すれば、25・26日近辺が有力だと思われます。これだと9月の高石から菊人形へと移動する桜花さんグループが、斑鳩を経て東京でも同じ構成を基本にした内容で公演を行う可能性が考えられますね。詳しくは公式サイト等での発表を待つとしましょう。
    19:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
永岡ともよしです。今日はOSK関連の記事に「マイマイ」さんから初めてのコメントが寄せられました。お返事にも書いたのですが、受付を継続的な形で再開して以来の投稿第1号です。改めましてコメントありがとうございました。その前に受け取ったのが元日でしたから、このブログでは約9ヶ月ぶりになりますね。

手元に残してある記録を確認してみると、現在の本館ブログを開設して交流が増え始めた当初は、自宅にいれば1日8通ほども私の方からコメントを書き込んでいました。その時期から3年以上が過ぎて、別名義でのブログも合わせて記事を書くのに割く時間ばかりが増えて、訪問先への投稿が日常の習慣ではなくなっているのが実情です。更新の材料に出来そうな情報を探すだけではなく、もっと皆さんのブログに目を通す際の集中力を高めて、少しずつでも積極的なコメント投稿の感覚を取り戻したいと考えています。

また明朝から泊り勤務に入りますので、次回の更新予定は9月29日の午後以降になります。そろそろ新しい投票の開設と参加のお願いや、菊人形公演開幕を間近に控えたOSKの話題も取り上げなくてはいけませんね。考えは次々と浮かびますが、明日5時の起床に備えて今夜はそろそろ活動を終了します。
    23:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
26
 
永岡ともよしです。OSKファンのブログは今や菊人形公演一色ですが、私は関連記事を書き続けられるだけの材料を持っていませんし、レヴュウ好き以外の皆さんとのお付き合いも大切にしたいと考えていますので、まだ何日間かはOSKを離れた更新を予定していて、今回はクラシック音楽の話題です。

昨日からの泊り勤務が明けた私は一旦帰宅して、食事や入浴の後は少し眠って再び夕方に起き出すと、フルートの演奏会に行ってきました。今日9月26日に東京で「フルート」というとサントリーホールでジャエイムズ・ゴールウェイ卿のリサイタルもあったのですが、私が選んだのは新宿から一駅の初台にある東京オペラシティ・コンサートホールで催されたエマニュエル・パユ氏の演奏会(ピアノ:河原忠之さん)です。

初めて聴いた頃は若くて「お兄さん」だったパユさんも、40代を迎えて年齢相応の貫禄ある風貌になりましたが、圧倒的な演奏能力は健在で今夜も大いに満足させてくれました。フルートに対して音色の美しさばかりを思い浮かべる人だと、パユさんの演奏に触れたら驚きを隠せないだろうと思います。音楽に興味があるなら1度は耳にしておくべき演奏家ですね。なお入場後にCDを購入した人には終演後にサイン会が用意されていて、実際に長い列が出来ていましたが、私は音楽だけ満喫して早々に退出しました。
    22:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
永岡ともよしです。1週間後には「たけふ菊人形」が開幕し、OSK日本歌劇団によるレヴュウ公演も始まりますが、私のブログでは少しのあいだ歌劇の話題から離れて、他の趣味の分野に関する記事を掲載しています。今回は10月(一部地域では9月末も含む)にスタートするTVアニメの中から、主要な作品を並べて紹介する企画です。全ての新作を網羅している訳ではありませんので、予め御了承ください。

『C3-シーキューブ-』 公式サイト 東京MX 土曜25:00~ 他
監督:大沼心 構成:横手美智子 主な出演:田村ゆかり、喜多村英梨、梶裕貴、茅原実里

『Fate/Zero』 公式サイト 東京MX 土曜24:00~ 他
原作:虚淵玄 監督:あおきえい 主な出演:小山力也、川澄綾子、大原さやか、関智一

『HUNTER×HUNTER』(再アニメ化) 公式サイト 日本テレビ 日曜10:55~ 他
監督:神志那弘志 構成:前川淳 主な出演:潘めぐみ、伊瀬茉莉也、藤原啓治、沢城みゆき

『UN-GO』 公式サイト フジテレビ 木曜24:45~ 他
監督:水島精二 脚本:會川昇 主な出演:勝地涼、豊崎愛生、山本希望、本田貴子

『WORKING'!!』(第2期) 公式サイト 東京MX 土曜23:30~ 他
監督:大槻敦史 構成:吉岡たかを 主な出演:福山潤、阿澄佳奈、藤田咲、渡辺久美子

『機動戦士ガンダムAGE』 公式サイト TBS 日曜17:00~ 他
監督:山口晋 構成:日野晃博 主な出演:【現時点では公式に発表されていません】

『君と僕』 公式サイト テレビ東京 月曜25:30~ 他
監督:神戸守 構成:吉田玲子 主な出演:内山昴輝、木村良平、小野友樹、豊永利行

『境界線上のホライゾン』 公式サイト 東京MX 月曜25:30~ 他
監督:小野学 構成:浦畑達彦 主な出演:福山潤、茅原実里、沢城みゆき、名塚佳織

『ギルティクラウン』 公式サイト フジテレビ 木曜25:15~ 他
監督:荒木哲郎 構成:吉野弘幸 主な出演:梶裕貴、中村悠一、茅野愛衣、花澤香菜

『灼眼のシャナ』(第3期) 公式サイト 東京MX 金曜25:30~ 他
監督:渡部高志 構成:小林靖子 主な出演:釘宮理恵、日野聡、江原正士、川澄綾子

『侵略!?イカ娘』(第2期) 公式サイト テレビ東京 月曜26:00~ 他
総監督:水島努 構成:横手美智子 主な出演:金元寿子、藤村歩、田中理恵、伊藤かな恵

『世界一初恋』(第2期) 公式サイト 東京MX 水曜26:00~ 他
監督:今千秋 構成:中瀬理香 主な出演:近藤隆、小西克幸、堀内賢雄、立花慎之介

『たまゆら~hitotose~』 公式サイト 東京MX 金曜23:00~ 他
監督・構成:佐藤順一 主な出演:竹達彩奈、阿澄佳奈、井口裕香、儀武ゆう子、葉月絵理乃

『ちはやふる』 公式サイト 日本テレビ 火曜24:59~ 他
監督:浅香守生 構成:高山直也 主な出演:瀬戸麻沙美、細谷佳正、宮野真守、茅野愛衣

『バクマン。』(第2期) 公式サイト NHK Eテレ 土曜17:30~
監督:カサヰケンイチ、秋田谷典昭 構成:吉田玲子 主な出演:阿部敦、日野聡、早見沙織

『ファイ・ブレイン~神のパズル』 公式サイト NHK Eテレ 日曜17:30~
監督:佐藤順一 構成:関島眞頼 主な出演:浅沼晋太郎、清水香里、福山潤、宮田幸季

『ペルソナ4』 公式サイト TBS 金曜25:30~ 他
監督:岸誠二 構成:柿原優子 主な出演:浪川大輔、森久保祥太郎、堀江由衣、小清水亜美

『ベン・トー』 公式サイト 東京MX 火曜25:30~ 他
監督:板垣伸 構成:ふでやすかずゆき 主な出演:下野絋、伊瀬茉莉也、加藤秀美里、悠木碧

『僕は友達が少ない』 公式サイト TBS 木曜25:55~ 他
監督:斎藤久 脚本:浦畑達彦 主な出演:木村良平、井上麻里奈、伊藤かな恵、山本希望

『マケン姫っ!』 公式サイト 東京MX 水曜26:30~ 他
監督:大畑晃一 構成:黒田洋介 主な出演:前野智昭、下屋則子、野水伊織、矢作紗友里

『真剣で私に恋しなさい!!』 公式サイト 東京MX 月曜26:30~ 他
監督:元永慶太郎 構成:高山カツヒコ 主な出演:神谷浩史、浅川悠、友永朱音、伊藤静

『ましろ色シンフォニー』 公式サイト 東京MX 木曜26:00~ 他
監督:菅沼栄治 構成:チームRIKKA 主な出演:水島大宙、小野涼子、後藤麻衣、壱智村小真

『未来日記』 公式サイト 東京MX 水曜25:30~ 他
監督:細田直人 構成:高山カツヒコ 主な出演:富樫美鈴、村田知沙、土門仁、田中正彦

『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 公式サイト TBS 金曜26:55~ 他
監督:千明孝一 構成:吉村清子 主な出演:豊崎愛生、悠木碧、茅野愛衣、沢城みゆき

ここに並べた分だけで24本ありますね。タイトルの前にを付けたのが、現在の時点で視聴決定または有力な作品です。ところで話題性トップの新路線ガンダムは、どれくらい年少のファンを集められるでしょうか。注目させておいて分り難い物語の展開で、子供達を置き去りにするのは止めて欲しいと思います。
    13:36 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top
 
21
 
永岡ともよしです。繰り返し取り上げてきた三越劇場での東京公演が無事に終了し、この先は少し意識してOSK以外の記事を書きたいと思います。今回は特撮分野から『仮面ライダーフォーゼ』のお話です。

一般的にはTV番組が改編を迎えるのは1・4・7・10月ですが、東映の特撮ヒーロー作品は違う時期からのスタートになっていて、戦隊シリーズだと新作への切り替わりが2月に定着している感じですよね。そして復活作『クウガ』以降、同じ日曜朝に連続する枠で放送されている仮面ライダーも、最近になって9月から新番組が始まるように移行しています。最新作『フォーゼ』の場合は第1回が9月4日でした。

設定や形態など、初期作品からは大きく異なる方向に進んできた仮面ライダーに対しては、40年前にシリーズが始まった頃には生まれていなかった世代からも否定的な意見が出ていますが、私は楽しんでいるのと同時に、貴重な単体ヒーロー物としてライダーのブランドを有効に活用して欲しいと願うばかりです。

何しろ継続的にTVの特撮番組を作っているのが東映だけで、しかも枠は2つしか維持出来ていないのですから、今では斬新さも保守性も、仮面ライダーの括りの中でしか確かめる手段がありません。実際に放送されなければ、どんな企画も単なる机上の実験でしかないのです。せっかく脚本家の中島かずきさんが参加しているのですし、私の大好きなアニメ『グレンラガン』みたいな宝物に育ってくれるように期待しつつ、物語の展開につれて人物像が深まるのを見守りたいと思います。まだまだ先は長いですからね。
    17:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
19
 
永岡ともよしです。OSK東京公演の記事ばかりを書いていたので、時間が自由に使えたと想像する人がいるかも知れませんが、実際には泊りを含めて定休の無い勤務の合間を縫っての観劇生活です。その東京公演が大成功に終わり、しばらくOSKの話題を離れて特撮やアニメなど、他の趣味に関連する内容で更新したい気持ちがあるものの、今夜は時間切れになってしまいました。明日20日の朝から再び泊り勤務に入りますので、21日に帰宅したら必ず通常の記事を書いて、その後でブログ訪問にも出掛けます。
    23:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
18
 
永岡ともよしです。その充実ぶりでOSK初体験の観客を驚嘆させる公演内容に大満足し、隣町出身の柑奈めいさんとのお別れに涙ぐみつつ、今後の公演をお知らせする時間になって待っていた言葉が高世麻央さんから告げられました。2012年2月に、再び三越劇場でのOSK東京公演が決定だそうです!

私は勤務の都合があって初日と千秋楽の2回しか観られませんでしたが、少しでも舞台公演に関心を持っている人であれば、今回の公演が如何に高水準で展開されていたか、確実に理解してもらえたハズです。しかし1度くらい盛況に公演を終了させたからといって、今後の興行的成功が保証されるほど東京で勝ち抜くのは容易でないのも事実で、来年2月こそOSKの将来を確かなものに育てる上での重要な試練になると思います。東京在住の私としては、最優先で三越劇場2月公演の応援に取り組む決意です。
    14:32 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
16
 
永岡ともよしです。OSKの東京公演が無事に始まったので、今日は全く別の話題で記事を書こうと思っていたのですが、他の用事を消化している間に就寝時刻が近くなっていました。私の仕事には決まった休日が無くて、明日の土曜日も朝から泊りの勤務に出掛けます。土日祝日でも出勤だと5時半には起床するのが私の生活パターンで、そろそろブログ活動を切り上げて睡眠の準備に入る時間帯です。日曜日の朝でお勤めが明けて、その後に日本橋を経由して自宅に戻ったら、また次の記事(恐らくOSK千秋楽関連)やブログ訪問に取り掛かる予定ですので、改めて18日の夕方以降に宜しくお願いします。
    23:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
さくら咲く国へようこそ。永岡ともよしです。今日は2011年9月15日木曜日、記念すべきOSK日本歌劇団の東京公演初日でした。私が三越にお買い物で出掛ける事など100%近く無いので、建物に入るのは日本橋本店の本館6階にある劇場で舞台を観る時だけです。売り場の模様替えなどは年中実施されているのでしょうが、そちら方面に目を向けていないせいか、いつ行っても館内の印象は変わりませんね。

さて初日だったからか、盛況の場内にはOSKのレヴュウを楽しみに来た風には思えない観客の姿も見られましたが、既存のファンや舞台が好きで客席に座っている人たちには、大満足の公演スタートとなったに違いありません。前半の日舞を締め括る名曲「テンプテーション」の緊張感は依然として健在ですし、洋舞パートは『バーン・ザ・パッション』を基本として色々と加えられた中に、昨秋の高石~武生で印象的だった曲が、また新しい構成で復活しているのも嬉しかったです。牧名ことりさんの大活躍が光りますね。

アンコールはSKDとの関連性もアピールしつつ、やはり「桜咲く国」の登場です。いつもの通りに私は涙を流しながら、自分でも小さな声で熱唱して劇場を後にしたのでした。客席の様子を思い出してみると、明らかに固定ファンと分る一角は別にして、率直に気持ちを表現してくれるお客さん達の反応は新鮮でした。特にロケットには声を上げて驚く人が多かったと思います。2日目・3日目の観客がどんな風に受け止めてくれるのか、勤務に入る私は行けませんので、他の皆さんのブログなどを参考にさせてもらいます。

続いては参加をお願いしていた投票の結果報告です。

「OSK東京公演(三越劇場)の観劇予定は?」 全16票

11票・・・観ます(常連OSKファン)

2票・・・観ます(OSKは久々)、今回は観ません
1票・・・まだ検討中です

0票・・・観ます(OSKは初めて)

以上のような結果となりました。参加してくださった皆さん、本当にありがとうございます。ところで開設予定はありませんが、もし実際の観劇回数を教えてもらう投票を設置したら、久々とか初めてのお客さんが何人くらい集まるのか、興味深いと思いませんか? それでは次回も、さくら咲く国でお待ちしています。
    21:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
永岡ともよしです。日本橋の三越本店6階に設けられた伝統ある劇場で、OSKにとって8年半前の日本青年館以来となる東京公演の幕が開くまで2日に迫りました。本来であれば地元・東京で迎えるOSK公演の初日まで大袈裟なくらいにカウントダウンを続けたいのですが、明日14日の朝から泊り勤務に突入しますので、開幕の前では今回が最終更新となります。共催のパルコ公式サイトに掲載されている情報では、千秋楽(18日12時開演)は完売しているものの、それ以外は三越劇場の受付カウンターで当日券での購入が可能なようです。私が保証しても邪魔なだけでしょうが、OSK未体験の皆さんには生涯記憶に残る素晴らしい出会いが待っていると思いますので、9月15日(16時~)と16日・17日(12時~・16時~)には万事お繰り合わせの上、東京の日本橋までお出掛けいただきますよう重ねてお願いします。

なお東京公演に関する投票は14日を締め切りの期限に定めています。既に観劇を決めたOSKファンや、そうではない方々、そして今回は見送る予定でも参加可能ですので、9月14日23時59分までに選択肢の中から投票してください。記事の初めでもお伝えした通り、日付けが15日に変わる時点では勤務中でブログの更新は難しいと思います。掲載されていても新規の投票は出来なくなりますので、まだ済ませていない方は14日の内にお忘れなく。もし15日の帰宅後に時間が取れれば投票結果を報告します。
    14:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
12
 
永岡ともよしです。昨日は大阪経由で京都まで行って、オペラ『親鸞』の全曲版初演を鑑賞してきました。お寺経由で動員されたと思われるコンサートホールには不慣れそうな印象のお客さんの姿があって正直心配しましたが、皆さん感動してくれた様子で良かったです。最初は演奏会形式での上演となりましたが、これからは装置や衣装も伴った本格的な舞台作品として登場する機会はあるでしょうし、広く海外でも支持を集めるようなオペラに育って欲しいと思います。自ら台本を書いて親鸞役で出演した花月真(かげつ・まこと)さんを始め、上演実現まで携わった全ての方々に素晴らしい作品との出会いを感謝します。

ここからは当ブログでのコメントの取り扱いに関するお知らせです。私は自分の書いた記事に宛てて投稿されるコメントへの期待感が強くて、幾ら公開しても感想や意見が寄せられない状況が続くのに耐えられず、もう何ヶ月も受付けない体制を維持してきました。ただ何か連絡事項が生じた際には、本来なら用の無い本館ブログまで移動をお願いする形になっていて、いつかは解消すべきだと考えていたのも事実です。そこで今回からコメント欄を再開して、皆さんの声を直接受け入れる事に決めました。また精神的な負担が重くなって閉じる日が来るかも知れませんが、当面は投稿可能な状態を継続したいと思います。
    15:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
永岡ともよしです。私のブログでも東京公演などOSK日本歌劇団に関する情報は繰り返し紹介していますが、御存知の通りに緩~い感じで更新していますので、想いの熱さまでは伝わらない記事に終始していると思います。でもOSKファンの皆さんの中には、「こんな風に書けたらなぁ」と感じるほど見事に気持ちを文章化して表現している方も多くて、特に東京公演に向けて熱烈更新中なのが、9月15日~18日の三越劇場に出演する東京都出身・牧名ことりさんの応援を中心にしたkotaさんのブログ「猫パンチをくらいながら」です。きっと「試しに買ってみよう」とか「1度観てみたい」と意欲が湧いて来ますよ。新しく興味を持った方にも役立つチケット情報や観劇案内が満載で、OSK日本歌劇団の東京公演を控えて必読です。

※私への連絡事項がある場合には、本館のコメント自由帳までお願いします。
    20:53 | Top
 
08
 
永岡ともよしです。このブログでは記事毎のコメント欄を閉鎖していますので、通常は私が一方的に書いて終わりなのですが、いつも参加をお願いしている投票では50字までのコメント投稿可能な設定で受付中です。今回は現在ブログに掲載している2つの投票に添えられたコメントを紹介します。

先ずはピープロ作品の投票で「快傑ライオン丸」を選んだ「ぶぎょう」さんからのコメントです。

「ビープロが一番輝いてた作品。裏番組がシルバー仮面でみれなかった想い出」

放送当時に「ぶぎょう」さんがお住まいだった地域では、ライオン丸とシルバー仮面が同じ時間帯だったのですね。数々の特撮シリーズが競い合っていた1970年代の初めは、製作する会社が限られて番組も減少した今になって振り返ると、本当に夢のような時代だったのが良く分かります。

続いてはOSK東京公演の「観ます」に添えられた常連ファンの方からのコメントです。

「交通費が痛い。関西在住ではないOSKファンには頭が下がる思いです。」

OSKは大阪が活動の基盤になっていて、例えば東京在住の私などは、公演の度に関西まで出掛けて舞台を観る遠征を繰り返してきました。大阪や京都だけでなく、越前市武生や金沢にも足を伸ばしています。旅行も楽しいのですが、交通費を積み重ねたら無視出来ない金額になりますよね。

これまで紹介していなかったコメントは以上の2通です。今後寄せられる分も、記事の本文に再掲載する形でお届けしたいと考えています。「ぶぎょう」さん、無記名のOSKファンさん、ありがとうございました。
    22:08 | Top
 
06
 
永岡ともよしです。OSK日本歌劇団の東京公演開幕を9月15日に控えて、現在このブログでは観劇予定を答えてもらう投票への協力をお願いしています。いつも回数を選ぶ形式の投票が多いのですが、今回は観劇を計画している皆さんに、「常連OSKファン」「OSKは久々」「OSKは初めて」を区別しての投票を用意しました。記事を書いている時点で私自身の分を含めて8票集まっていますが、受付期限の14日まで更に多くの意見が反映されるように、改めて呼びかけておきます。久々とか初めてOSKを観る人からの声を歓迎するばかりではなく、もちろん選択肢には「観ません」もあるので、気軽に参加してください。

話題を換えて、1975年に公開された映画『ロッキー・ホラー・ショー』を御存知ですか? 元々は舞台で上演されていたミュージカル仕立てのホラーで、30年以上経過した現在でも熱烈な愛好者たちに支持され続けているカルト作品です。その『RHS』が2011年の終わりから日本版として舞台上演される事が決まっていて、私もチケットが入手出来れば劇場まで出掛けるつもりでいます。仕事がお休みで外出予定の無い今日は、予習のために借りてきた映画のDVDを再生していました。家族揃って鑑賞するような名作ではありませんが、賑やかな出演者が揃う生の舞台で、どんな風に上演されるのか期待が膨らみます。

『ロッキー・ホラー・ショー』

【横浜公演】 神奈川芸術劇場・ホール 2011年12月9日(金)~25日(日)
【福岡公演】 キャナルシティ劇場 2011年12月31日(土)~2012年1月4日(水)
【大阪公演】 シアターBRAVA! 2012年1月13日(金)~22日(日)
【東京公演】 サンシャイン劇場 2012年1月27日(金)~2月12日(日) 

脚本:リチャード・オブライエン
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太、岡本健一、笹本玲奈、辛源、飯野めぐみ、ROLLY、藤木孝 ほか
    15:09 | Top
 
03
 
永岡ともよしです。土日もお休みではない私は、昼間の勤務を終えて地元の駅に戻り、いつも利用しているスーパーで買い物を済ませてから帰宅しました。入店直前になって急に強い雨が降り出して、相変わらず不安定な天候に困惑しながら買い物を進めていると、惣菜コーナーで見慣れない光景に出会いました。いつもの2倍くらい商品が積まれているのです。どうやらお天気が回復すると判断して準備したのに、スコールに邪魔されて客足が伸びず、大量に売れ残りが発生しつつある過程を目撃したようですね。明朝で期限切れの惣菜ばかりでしたから、今夜の閉店時刻前には処分品がズラリと並ぶ事になりそうです。

続いては投票参加のお願いです。受付期間限定の場合を除いて、どの投票にも常時参加可能ですが、現在ブログに掲載して御案内しているのが「ピープロ作品から1つ」と「OSK東京公演の観劇予定」です。新作映画『電人ザボーガー』の10月15日公開に合わせて、懐かしいピープロのTVシリーズから1本選んでもらう企画と、三越劇場でのOSK東京公演へのお出掛け予定を伺う投票が並べてありますので、どうぞ気軽に参加してください。OSKの投票は開幕前日の9月14日まで受付けています。
    21:05 | Top
 
02
 
永岡ともよしです。いよいよ9月に入って、2003年の日本青年館以来となるOSK日本歌劇団の東京公演開幕まで、既に2週間を切りました。いつも主要公演前には観劇の見通しを教えてもらう投票への参加をお願いしていますが、もちろん今回も皆さんの予定を確認しておきたいと思います。日本橋・三越劇場で開催される9月15日~18日(全6回)の東京公演に出掛ける予定に関して、私の用意した選択肢の中から投票してください。受付は公演前日の9月14日までで、1人1回限定ですので御了承願います。

話題は替わって、東京では昨日の深夜に放送された『工藤新一への挑戦状』で、西の高校生探偵・服部平次が登場しましたね。平次役を演じていたのは『侍戦隊シンケンジャー』で有名になった松坂桃李(まつざか・とおり)さんです。私は多摩人なので松坂さんが操る関西言葉の出来は分りませんが、また平次の登場するエピソードがあれば、視聴してみたいと感じました。知っている人も多いでしょうが、松坂さんは今年初めに上演された舞台版『銀河英雄伝説』にはラインハルト役で出演していました。アニメのラインハルトといえば声優さんは堀川りょうさん、そして服部平次も長年に亘って堀川さんが演じ続けています。舞台公演・アニメ・TVドラマなどの枠組みを超えて、こうしたキャスティングが実現するのも面白いですよね。
    11:40 | Top