穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
30
 
永岡ともよしです。ブラックコンドルやら結城凱などと書かれても意味不明で、俳優・若松俊秀さんの名前さえ知らない中にも、「ジェットマン」「最終回」のキーワード検索で出てくる結果の断片に関しては、実は見聞きした覚えのある人がいるのではないかと思います。アクション+恋愛要素の強いTVドラマや映画のラストと考えれば、実は意外と衝撃的でもないのですが、今から20年も前に放送されていた戦隊シリーズの1作となると話は全く違ってきて、当時の視聴者や後の作品に与えた影響の強さは計り知れません。

その『鳥人戦隊ジェットマン』の残したインパクトを象徴するブラックコンドルこと結城凱が、9月4日(日)放送の『海賊戦隊ゴーカイジャー』で帰ってきます。20年前の本編を踏まえた設定なので、過去の事実が塗り替えられる筋書きにはなっていないようですが、予告映像で観る若松さんの姿は全身が緊張感に満ちていて、現役ヒーロー復帰には年齢が高くても、「物語の鍵を握る謎の男」といった立場なら、直ぐに戦隊作品への再登場が果たせそうです。20年の歳月を経て、また新たな伝説が生まれるのでしょうか?
    13:06 | Top
 
28
 
永岡ともよしです。開幕まで半月以上を残しているOSK日本歌劇団の東京公演ですが、チケットは売れ行き順調で各販売サイトの表示も予定枚数終了を示すバツ印が増えてきました。特に「ぴあ」は全6公演中で残るのは初日(9月15日16時~)のみ、2日目以降は5公演全てが売り切れとなっています。本来の地盤である関西を離れての公演で不安もありましたが、これなら安心して初日を迎えられそうです。

そして歌劇団の公式サイトでは、大阪・心斎橋の「オ・セイリュウ」でOSKがショウを上演する予定が発表されました。東京の多摩地区で地味に暮らす私は名前の挙がった施設を知らないのですが、レストランや催事会場が集まった建物のようですね。詳しくは公式の当該記事を読んでもらうとして、私が驚いたのは出演期間の長さです。毎日ではなく月・水・木・金(祝日は除く)限定ではあるものの、10月3日(月)から11月30日(水)までと2ヶ月近くに及び、楊琳さんなど7名の出演者さんにとって貴重な経験となるに違いありません。通常の劇場ではありませんが、OSKを繰り返し観られる環境作りも意義深いですよね。
    22:49 | Top
 
26
 
永岡ともよしです。電力不足が心配された今夏の東京ですが、東電管内は緊急事態に陥る事も無く秋を迎えようとしています。結果的にはロビー等の照明削減や冷房抑制など影響はあったものの、劇場で公演自体が直接被害を受ける例は見られませんでした。ただし不安定な夏場の混乱を避けるために、早い段階で延期や公演中止を決めた作品は幾つもあって、その1つが3部作を締め括る予定だった舞台版の『花咲ける青少年』です。やっと代替公演が発表されましたので、このブログでも簡単にお伝えしましょう。

『花咲ける青少年』 ファイナル公演

日時:2012年1月13日(金)~18日(水) 《仮日程》
会場:サンシャイン劇場(東京都豊島区東池袋)
料金・発売日:《現時点では発表されていません》


そしてファイナルに先立って11月には別枠のイベントが用意されています。

日時:2011年11月26日(土)・27日(日) 11時~、14時半~、18時~ (両日とも)
会場:原宿クエストホール(東京都渋谷区神宮前)
料金・発売日:4,900円(前売・当日とも) 10月1日(土)一般発売開始


大富豪バーンズワース家の1人娘・花鹿(かじか)のお婿さん選びから物語が進行する『花咲ける青少年』ですが、特別イベントの方では花鹿+夫候補たちが登場してのお芝居やトークショウが楽しめるそうです。過去2度の公演の内で第1弾は見送った私でしたが、2作目を観に行って普段立ち寄らない物販コーナーで大散財するほど嵌ってしまい、当然来年1月のファイナルにも出掛けるつもりでいます。
    22:02 | Top
 
24
 
永岡ともよしです。私の退屈な文章ばかり掲載しても、OSK未体験の皆さんには魅力の一端さえ伝わらないと思いますので、9月の三越劇場公演を共催するパルコの提供によるPR動画を貼り付けておきます。

三越劇場ではタイトルが異なりますが、動画で紹介されている『バーン・ザ・パッション』(今年5月に大阪と金沢で上演)を基本にした作品になると明言されているので、9月の東京公演で観られる舞台のイメージを把握するのに役立つと思います。少人数の公演でもラインダンスの迫力が伝わってきますね。
    01:01 | Top
 
22
 
永岡ともよしです。三越劇場で開催されるOSK日本歌劇団・東京公演のチケットは、9月18日(日)12時開演の最終回が、ぴあ・イープラス・ローチケでは予定枚数終了(カンフェティは残数あり)、17日(土)16時開演回は、ぴあ・ローチケが終了してイープラス・カンフェティが購入可能となっています。完売すれば良いというものではありませんが、何しろ近鉄傘下だった旧OSK時代の日本青年館以来、8年半ぶりに実現する東京公演ですので、今後の展望を広げるためにも先ずは客席を埋めて幕開きを待つ体制を整える必要があると思います。中身が素晴らしくても、チケットが売れなくては進出拡大など望み薄ですからね。

OSKの活動基盤である関西地区から遠征してくるファンの皆さんは、土曜のお昼頃の到着予定で東京まで移動して、当日の16時からと翌日の千秋楽を観て、夕方には地元に帰る流れなのでしょうか。早めの出発なら土曜12時開演の回も間に合いますよね。ただし、初日と2日目は祝日にもなっていない普通の木・金で、しかも15日=16時~、16日=12時~・16時~という開演時間の設定ですので、東京在住でも通常のお勤めなら観に行けません。お休みを取るにしても限界はあると思います。しかし1週間や10日間といった長さの東京公演を実現するには、平日の早い時間帯にも一定の集客力が見込めなければ困難が生じます。もし日本橋が気軽にお出掛け可能な生活圏内で、歌劇に興味を持っているのなら、1度試しては如何でしょうか? 私が経験したように、OSK日本歌劇団を知れば人生の喜びは更に大きく膨らみます。
    18:30 | Top
 
20
 
永岡ともよしです。日中は降らなかった東京地方ですが、私の自宅周辺は先ほどから雨模様になっています。続いていた猛暑に区切りが付いて、今日は高校野球も決勝まで無事に終了し、より鮮明に季節の変わり目を感じる8月20日・土曜日になりました。甲子園で優勝した日大三高は地元と呼ぶには距離があるものの、最も身近な高校野球の有力校なのは間違いありません。もう何年も前になりますが、グラウンドの様子を見に行った事もありました。他を圧倒する力強さで、文句なしの日本一ですね。

ところで決勝戦に進出した青森県代表の光星学院について、主力が関西出身者ばかりである点を批判する意見を見聞きしました。こうした下らない声に触れると毎回同じ感想を書くしかなくて、黙っていたら青森県など通過する機会さえ無かった可能性の高い近畿地区の少年たちが3年間を過ごす地として選択し、甲子園の準優勝という素晴らしい成果を残したというのに、それを素直に受け止める事も出来ないなんて、何と心の貧しい人々なのでしょうか。誹謗中傷を繰り返しても、新しい実りなど得られませんよ。

変わって余りにもマニア向け過ぎて、自分以外からの投票が0で終るのではないかと心配していた「ピープロのTVシリーズから1作」に参加者がありました。快傑ライオン丸への投票に加えて、「タイガージョーが最高!」とのコメントも添えられています。シリーズの途中まで変身前の虎錠之助を演じた戸野広浩司(とのひろ・こうじ)さんの急死という、とても悲しい記憶を呼び覚ます名前でもありますが、主人公の好敵手としてタイガージョーの魅力は決して褪せないと信じています。投票参加ありがとうございました。
    20:22 | Top
 
19
 
永岡ともよしです。前回の記事では10月15日の公開が予定されている映画『電人ザボーガー』の予告映像を紹介しました。その時代を良く覚えている皆さんや、下の世代でも特撮ヒーロー大好きな人なら知らないハズの無い1974年のTVシリーズを基にした作品です。『ザボーガー』を生み出したピー・プロダクションは、『ウルトラマン』と同時期に『マグマ大使』、そして第2次怪獣ブームを先導する形で『宇宙猿人ゴリ』(後に『スペクトルマン』)を製作しており、TVの歴史を語る上で欠かせない大きな役割を果たしました。

ピープロの実質的な創作活動は変身ブームとも呼ばれた時代の終焉と共に停止していて、決して作品数が多い訳ではありません。しかし先駆者としての重要度に加えて、東映や円谷プロの定番シリーズとは異なる個性を発揮している点でも、繰り返し回顧する価値のある作品を残していると思います。今回は映画館での『電人ザボーガー』復活を控えて、かつてピープロが手掛けた特撮TVシリーズの中から、記憶の鮮明な方なら最も印象的だったり、夢中になって観ていた思い出の作品を、そして情報を余り持たない場合には名前を知っている程度でも構いませんので、とにかく1本選んでの投票をお願いします。

なお「地デジ化後のTV視聴時間」と「ピープロ作品から1作」を2週間ほど掲載した後には、9月15日の開幕を前にしてOSK日本歌劇団による東京公演の観劇予定を教えてもらう投票を予定しています。
    12:41 | Top
 
17
 
永岡ともよしです。今日はお休みだったので、無駄に体力を使わないように買い物などの用事は日が暮れてから済まそうと決めて実行したのですが、外がスッカリ暗くなっていても、一歩外に出ただけで「暑い!」と言葉になってしまいました。近所のスーパーから帰ると汗だくで、直ぐに全身総着替えが必要になった程で、残暑とは立秋以降の暑さを表す意味とは別に、夜になっても日の出前でも殆ど変わらずに残っている暑さでもあるように感じます。子供の頃から気温が下がり始めると寂しくなったりしますが、厳しい状態を強いられている人の多い今年に限っては、一日も早く秋の気配が訪れるように願っています。

ここからはオマケで、今秋10月15日から公開される映画『電人ザボーガー』の予告動画を貼り付けておきます。喜んでくれる人は少ないでしょうが、私はシネコンまで出掛けて必ず観てくるつもりです。

    22:28 | Top
 
16
 
永岡ともよしです。チケットの一般発売開始から半月が経過して、OSK東京公演(9月15日~18日)の開幕まで1ヶ月を切りました。東京に来る高世麻央さん達とは別に、桜花昇ぼるさんを中心とするOSKの半分は10月1日に始まる「たけふ菊人形」と、その前に大阪府高石市のアプラホールで9月3日・4日の『シャイニング・パレード2011』が待っています。私も昨年は高石まで行ったのですが、今年は次の日曜日に京都で用事があるのと、東京公演に集中する意味もあって見送りを決めました。もし来年以降も「高石~菊人形」組と東京で舞台に立つ別班に分かれての日程が定着するようだと、9月は地元に専念して10月の武生から遠征を再開するのが私にとって基本パターンになるかも知れません。

三越劇場での東京公演を終えると、以前から概要だけは発表されていた大丸心斎橋劇場での公演もありますね。10月28日(金)~30日(日)に計5回の予定で、出演者6名も明らかになりました。

『Song&Act with Dance 心斎橋らぷそでぃ』
出演:高世麻央・牧名ことり・平松沙理・恋羽みう・悠浦あやと・愛瀬光


東京に来る予定のメンバーからは、桐生麻耶・楊琳・舞美りら・妃那マリカ・城月れい他の皆さんが外れていて、こうなると10月から11月にかけて桐生さんメインの別公演も考えられそうで、東京後の追加スケジュールが気になりますね。また新しい情報が公開され次第、このブログでもお伝えします。

【追記 8月17日 08:55】
目が覚めて公式をチェックしたら、16日付で柑奈めいさんの退団発表があったのですね。東京公演千秋楽を限りにOSKを去るとの事で、隣町出身で応援していただけに特に寂しいです。
    19:13 | Top
 
15
 
永岡ともよしです。OSKや投票関連の話題は明日以降再開する事にして、日付けが変わってしまう前に8月15日に因んだ記事を書いておきます。こんな企画は1度限りなのでお付き合いください。

今日が「敗戦の日」として記録されている1945年までの戦争に関して、「日本は何も間違っていない」「日本人に恥じるべき点など無い」と馬鹿げた主張を繰り返す輩が増えてきたように感じます。しかし戦争に反対する立場なら当然ですが、何かを獲得するか、損失を最小限に止める手段としての戦争を積極的に肯定する姿勢の人にとっても、あの戦争を無反省で済ますなど愚かさの極みではないのですか? 2度と戦争を起こさないために、或いは次こそ勝つ(又は上手に負ける)ためにも、先の戦争について「あなたは悪くないんですよ」と囁きかける甘い言葉に惑わされず、堂々と誇りを保って省みるべきと私は考えます。
    23:04 | Top
 
13
 
永岡ともよしです。今日は泊り勤務を終えてから、いつものシネコンに移動して『ゴーカイジャー』と『仮面ライダーオーズ』を見てきました。家族連れのお客さんが多かったですよ。実は私も親子での映画鑑賞だったのですが、ずい分と他より世代が上でした。ただ53歳になった父と比べて余り大きな年齢差を感じさせない余所のお父さんもいて、やはり世の中の晩婚化は進行しているのですね。40歳で結婚して3年後に子供が生まれたとしたら、幼稚園に通っていても40代後半に入りますから、私の父とは兄弟程度の年齢差にしかなりません。周囲から浮き上がる違和感を醸し出していたのは、一緒にいた私の方でしょう。

メインとなる『オーズ』について書いておくと、ゲストの暴れん坊将軍だけでなく、次期TVシリーズの主役ライダーであるフォーゼも唐突に登場して、その姿を印象付けてくれています。動いているフォーゼは静止画像より遥かに魅力的で、9月からの新番組が楽しみになりました。それと将軍サマが敵に止めを刺す場面が無くて物足りないと感想を口にしたら、父から役割分担があるのだと教えられました。そういえば松平健さんは「成敗」と命じるだけで、実行担当は他にいたのを覚えていますし、この映画ではオーズが同様の立場だった訳ですね。奇妙な親子ですが、久々に映画館で父と楽しい時間を過ごしました。

続いて、現在掲載している投票への参加ありがとうございます。少し前からの「自宅の冷房設定温度」には現時点で18票、最新の「地デジ化後のTV視聴時間」は私の分を含めて5票集まっています。また添えられているコメントでは後者に「むしろ新しいチャンネルを覚えるのが面倒」、設定温度29度以上を選んでくれた方からは、「やっと念願のエアコンを買いました。」との声が寄せられました。宣伝不足で目立たない存在の投票ですが、それにも関らず参加してくれた皆さんの力で、私がブログを続ける上で欠かせない支えになっています。これからも至らない私なりに努めますので、お付き合いを宜しくお願いします。
    23:14 | Top
 
11
 
永岡ともよしです。連日の酷暑ですが、皆さん体調は如何ですか? 私は今朝の3時過ぎに勤務先で短時間外に出てみたのですが、少しも涼しさを感じられませんでした。早朝でさえ気温が下がっていないのですから、太陽光が加熱する日中の外出は避けるべきですよね。もちろん自宅で過ごしたり屋内で勤務する場合でも、水分の補給と温度管理には要注意です。一人ひとりが元気でなくては何も始まりません。

ところでOSK日本歌劇団の公式サイトでは、東京公演の千秋楽(9月18日12時開演)が完売したと案内が出ているものの、実際にはイープラス・ローチケ・カンフェティで購入可能です。残数が多い他の回に資金を回して欲しいという歌劇団側の願望が反映されているのかも知れませんが、事実と異なる表現は止めるべきだと思います。私はOSKを応援していますが、誤りを見つければ放置せず厳しく指摘します。
    21:24 | Top
 
09
 
永岡ともよしです。3日間ほどの短い夏休みを取って、その間はネット環境から離れていました。いつも通りに新潟(父の実家)で過ごしていましたが、7月末の豪雨で水力発電施設の多くが機能停止に陥ってしまい、東北電力の管内は毎日綱渡り状態が続いていますね。連日の猛暑とあって節電には生命の危険さえ伴うだけに、やり繰りの厳しさは簡単に解消されそうにありません。東京も高温と電力事情は変わりませんので、私も双方に気を配りながらコチラでの生活を再開したいと考えています。

さて自宅での冷房設定温度を選んでもらう投票には続々と参加者が集まっていて大変に嬉しいのですが、欲張りな私は更に新たなテーマでも皆さんに質問を投げ掛けたいと思います。今度は「地デジ化後にTV視聴時間は?」にしてみました。既に地上波TV放送に関してはデジタルに移行している世帯が大半でしょうから、それが数年前なのか最近かを問わず、地デジにしてからTVの視聴時間が変化したのか、用意した答の中から選んで投票してください。もちろん時間の長さは感覚的な精度で構いません。
    19:40 | Top
 
03
 
永岡ともよしです。今日は予約してあったOSK東京公演のチケット2枚を購入してきました。三越劇場での公演は12時からと16時からが用意されていて、夕方までの勤務に入っていては1度も観られません。普段から観劇目的の遠征でお休みを取っているのもあって、公演が行われる4日間では2回が限界だろうと考えていますが、もし上手く都合がつけば追加で入手して劇場まで通うつもりです。

今回の東京公演のチケットは、歌劇団や三越劇場での取り扱いの他に、ぴあ・イープラス・ローチケ・カンフェティでもネット販売されていますよね。「ぴあ」に限れば17日(土)の16時開演の回と18日(日)の12時から=千秋楽は売切れの表示となっています。ポイントが付いたり座席を選択可能だったり、各社ごとに特徴がありますし、比較検討しながら何処で購入するか決めるのも意味があると思います。
    23:46 | Top
 
02
 
永岡ともよしです。8月1日朝にJR京浜東北線の電車で、仔猫が車体の下に潜り込んだまま走行しているのに気付いて、確保(救出、または排除、或いは撤去とも言いますが)するまで20分以上も蒲田駅で停車する事になったニュースについては、珍事件として目にした人も多かっただろうと思います。泊り勤務だったので報告が遅れましたが、私はその電車に乗っていました。厳密に書くと、仔猫が料金を払わずに勝手に乗り込んでいた部分の真上で、電車の床に立っていたのです。通勤途中に足止めされて楽しい気分ではありませんでしたが、床下から可愛らしい鳴き声が「ピユ~ン」と聞こえてきたら、思わずニッコリしてしまいました。でも助かったのは偶然なのですから、こんな冒険は2度と繰り返して欲しくないですよね。

さてOSK日本歌劇団による三越劇場での東京公演はチケットの一般発売が始まって、全6公演のうちで最終回は「ぴあ」だと売り切れの表示が出ています。余り大きな会場ではありませんし、他の回も残数は多くないと思いますので、興味のある方はお早めにチケットの購入をお願いします。これまで私のブログで何度も名前だけは見てきたけれど、OSKの舞台に接する機会の無かった関東地方在住の皆さん、実際に公演を楽しんで意見を交わしてみませんか? 8年半ぶりの東京進出で大いに盛り上がりましょう!
    12:21 | Top