穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
07
 
永岡ともよしです。今日は東池袋のサンシャイン劇場で、松竹のミュージカル公演『グレイト・ギャツビー』を観劇しました。役名の付く主要キャストではありませんが、ジャニーズや宝塚歌劇OGの皆さんと共に、OSK出身の柑奈めいさんも活躍していました。歌劇系の公演でも数多くの作品を手掛けている川崎悦子さんの振付で、全編にわたってダンスの場面が多くて、柑奈さんは歌唱要員ではなく、むしろダンサーとして大忙しの印象ですね。OSK退団後、この時期はミュージカル座『ひめゆり』出演が定番でしたが、今後は違う道を歩む事になって、従来も参加する機会の多かった松竹の舞台公演は、柑奈さんにとって一層欠かせない活躍の場となりそうです。『ギャツビー』は名古屋と関西2都市にも行くのでお楽しみに。

ミュージカル 『グレイト・ギャツビー』 製作:松竹
 演出:錦織一清 脚本:羽原大介 音楽:岸田敏志 振付:川崎悦子
 出演:内博貴(ジェイ・ギャツビー役)、
    相葉裕樹(ニック・キャラウェイ役)、愛原実花(デイジー・ブキャナン役)、
    大湖せしる(ジョーダン・ベイカー役)、山口馬木也(トム・ブキャナン役)、
    高田翔(ミカエル役)、岡本悠紀(マイヤー・ウルフシャイム役)、
    RiRiKA(キャサリン役)、木村花代(マートル・ウィルソン役)、
    コング桑田(ジョージ・ウィルソン役)、岸田敏志(ヘンリー・ギャッツ役)、
    三浦祐介、神在ひろみ、柑奈めい、松村沙瑛子、水野英治
【東京公演】 サンシャイン劇場 2016年7月2日(土)~10日(日) 全11回 ※4日~6日は休演
【愛知公演】 名古屋・芸術創造センター 2016年7月13日(水) 14時30分/18時30分 開演
【京都公演】 ロームシアター京都・サウスホール 2016年7月15日(金)~17日(日) 全5回
【兵庫公演】 新神戸オリエンタル劇場 2016年7月23日(土)・24日(日) 全4回
    18:08 | Comment : 0 | Top
 
15
 
永岡ともよしです。今日は6月に入ってから最初の観劇として、三越劇場の劇団新派特別公演(2本立て)に出掛けて来ました。私の周囲に座った観客の質が低くて憤慨したものの、舞台は楽しかったです。

三越劇場 劇団新派 『深川の鈴/国定忠治』 2016年6月15日(水) 11時30分開演
 出演:波乃久里子、市川月乃助、笠原章、伊吹吾郎、伊藤みどり、立松昭二、児玉真二 ほか

六月新派三越『深川の鈴』は細かな感情の動きを読み取るお芝居なので、演じる側にも消化しきれていない部分が残っていたでしょうし、それ以前に観客が分かり易い物語の起伏ばかり求めているため、劇場全体で作品を味わう段階でなかったのは残念でした。一方の『国定忠治』はお馴染みの名場面を当然欠かさずに、適度な緊張感と緩さ加減まで兼ね備えて、こちらで客席が大いに沸いたのは自然な反応だったでしょうね。

忠治を長年の持ち役にしている笠原さんが、この公演では川田屋惣次の役で客演して、新派固有の演目ではない作品に主演する月乃助さんに力を貸す懐の深さと、器の小さい極悪人役の伊吹さんは従来演じて来た役柄との落差が大きいだけに、何をやっても観客には受けている印象でした。新派のメンバーでは今さら私が語る必要も無いでしょうが、伊藤さん・立松さんの上手さに改めて感心しましたし、個人的に注目している児玉さんが2作品とも活躍してくれて、これから出演する舞台が益々楽しみになりました。
    15:08 | Comment : 0 | Top
 
28
 
永岡ともよしです。これまで私のブログの記事では何度かハウステンボスと歌劇団について書いて来ましたが、初めて長崎県佐世保市にある現地を訪問してミューズホールでの舞台公演も観劇しました。園内を歩き回って心地良い疲労を感じると共に、ハウステンボス歌劇団を今後も追いかけようと決めました。

ハウステンボス歌劇団公演 ハウステンボス内ミューズホール
 A.『BIG WAVE ~不死鳥海賊団 ブルーポセイドンの海を越えて~』 《7月19日まで上演》
  出演:チームフラワー(華) 脚本・演出・振付・音楽・衣装デザイン:はやみ甲 音楽:松岳一輝 
 B.『LOVE WITH BUTTERFLY ~あじさいの咲く頃に~』 《6月14日まで上演》
  出演:チームシャイン(光) 脚本:原田タイラ 演出・振付:雪菜つぐみ 音楽監督・作曲:林魏堂

私が初ハウステンボスを体験した日は、AABBの順番で4回公演が組まれていたのですが、最後は終了時刻が遅くなるのと、シャインのトップを務める優雅さん(宝塚歌劇団月組だった研ルイスさん)の声が酷い状態なのが辛くて、3回目の公演まで見届けて退場しました。優雅さんの状態が万全なら、きっとシャインの演目も印象が違って来ると思いますが、とりあえず前半2回上演の『BIG WAVE』は、1時間の枠内に収める少女歌劇系の短いミュージカル作品としては、ほぼ最高に近い満足度だと感じた面白さです。

応援している皆さんなら気付く通り、はやみ甲さん(脚本・演出など)と松岳一輝さん(音楽)のコンビはOSKの公演でもお馴染みで、この『BIG WAVE』は多少手直しして菊人形公演の出し物にしたり、別作品と組み合わせて2時間~2時間半の枠で上演する2本立てに組み込めば、全国どこの会場でも観客が大喜びするのは間違いありません。もし東京近郊で上演されれば、私は千秋楽まで毎日でも通い詰めます。
    06:46 | Comment : 0 | Top
 
21
 
永岡ともよしです。観劇後に乗換駅で電車を降りたら、急に大粒の雨が落ちてきて驚きましたが、それくらいでは印象が薄くならないほど、今日の明治座『御宿かわせみ』は良い舞台でした。数々の原作エピソードから抜き出して編んだ脚本で、しかも幕間の休憩を除けば2時間余りに収めてあるため、間延びした感じが一切無く、しかも駆け足にならず穏やかに進むお芝居は、私の理想形に近い見事な良作ですね。

明治座 『御宿かわせみ 江戸の子守歌』 2016年5月21日(土) 16時00分開演
 原作:平岩弓枝 脚本・演出:G2 美術:横田あつみ 音楽:崎久保吉啓 製作:松竹
 出演:中村橋之助(神林東吾)、高島礼子(庄司るい)、
    西村雅彦、紺野美沙子、柳下大、高橋和也、朝海ひかる、片山陽加、中村宗生、
    柳田豊、岩橋道子、松永玲子、広岡由里子、中村橋吾、横山敬、木島杏奈 ほか


この舞台を観て心地良くならない人とは、どんな利益を約束されても付き合いたくありません。普段からG2さんの携わる公演には高めの期待値を設定して観劇に臨んでいますが、この『御宿かわせみ』を実際に観てしまったら、今後のハードルは何段階も高くなるのが当然でしょう。もちろん私は再演希望ですし、別のエピソードを集めた続編も期待しています。ただし、どんな形にしても次回の『御宿かわせみ』上演時には、もう現在の橋之助さんは中村芝翫さんを襲名しているので、この名前で神林東吾役を演じる機会は2度と訪れません。8代目と高島さんのコンビを中心とした『御宿かわせみ』との再会が待ち遠しいです。
    20:24 | Comment : 0 | Top
 
12
 
永岡ともよしです。今日は渋谷の東急にあるシアターコクーンに行って、豪華な顔合わせによる『8月の家族たち』を観劇しました。演劇を数多く観る人のために上演されている作品というのが私の印象です。

シアターコクーン 『8月の家族たち』 2016年5月12日(木) 13時00分開演
 作:トレイシー・レッツ August:Osage County
 翻訳:目黒条 上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 出演:麻実れい、秋山菜津子、常盤貴子、音月桂、犬山イヌコ、羽鳥名美子、小野花梨、
    橋本さとし、中村靖日、藤田秀世、村井國夫、木場勝己、生瀬勝久


舞台公演の世界限定ではなく、知名度の高い出演者が参加しているので、熱心な演劇ファン以外の観客も集め易いと思うのですが、そうした経験値の低い皆さんに親切な作品かと問われたら、私は即座に「違う」と回答します。年に数回程度しか劇場に出掛けない人には、突き放された感じが残るでしょうね。中規模劇場のコクーンで賑やかな出演者からすれば、場内に目立った空席は寂しいですが、再度観る必要は無いのが私の率直な感想で、今後の日程を進めながら空いている場所が埋まるとは考え難いです。
    18:06 | Comment : 0 | Top