穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

 
13
 
永岡ともよしです。報告が遅くなりましたが、今朝無事に関西~名古屋遠征から戻りました。早朝の到着だったので辺りは暗くて、凍結箇所の多い道路を歩くのが怖かったです。宝塚大劇場・新歌舞伎座、そして中日劇場と回ってきましたが、盛り上がりの度合いでは名古屋の星組公演が断然だったと思います。お芝居・ショウとも定評ある再演作品を揃えての公演ですし、新作を投入した舞台よりも反応が良くて当然かも知れません。もちろん大劇場の花組だってガッカリはさせませんし、新歌舞伎座で観た早乙女太一さんも魅力は発揮していたと思いますが、リピートまでは必要ない作品のように感じたのが正直な印象です。

さてテレ朝系・日曜朝のスーパーヒーロータイムは、今日から前半の戦隊シリーズで第35作の『ゴーカイジャー』が登場しています。伝説の存在として扱われる過去34戦隊の活かし方が楽しみですが、初回はアカレンジャーの声でオリジナルキャストの誠直也さんが出演していましたね。声といえば、敵方の1人に進藤学さんの名前がありました。舞台でも活躍していますが、テレビの特撮シリーズでは『超星艦隊セイザーX』のアド役を演じていた俳優さんで、中の人(声優さん)そのままでの人間体展開が十分に考えられると思います。でも6人目の戦士だったりするのは、余りにも安易過ぎるので避けて欲しいですね。

進藤さんから『セイザーX』のケイン役でつながる三浦涼介さんも出演している『仮面ライダーオーズ』では、ヤミーと呼ばれる怪人でバッタ風の1体が登場していました。既にオーズに粉砕されてしまいましたが、社会に正義の実現を求める男性の欲望から生まれた怪人で、行動としては悪人を叩きのめす場面が多く、キック技を使って、「トウ!」と声を出すのを忘れていないあたりは、明らかに「仮面ライダー=バッタ男」を意識したキャラクターだったようです。これも40周年記念映画に向けたPRの一環なのでしょうね。
    20:22 | Top
 
29
 
永岡ともよしです。もう1度観たいOSK日本歌劇団の2010年公演を選んでもらう投票に関して、この記事を書いている時点までに参加していただいた11名の皆さん、ありがとうございます。OSKへの応援を中心に据えてきた1年の締め括りなので、叶うのであれば更に多くの投票が集まって欲しいと願っています。

さて最近は体調が優れず、年末年始も勤務予定が入って余裕がありませんので、合間のお休みである今日のブログ活動は控えたいと思います。お邪魔する機会が少なくなっていますが、どうぞお元気で。
    09:13 | Top
 
15
 
永岡ともよしです。最近は舞台の話題を中心に据えたスタイルが定着したのか、以前よりも多くのアクセス数が記録されるようになりました。何かを求めての訪問だと期待に応える自信がありませんので、たまに覗いて少し変わった事が書いてあれば儲けもの程度に、軽く目を通してもらえたら嬉しいです。なおOSK日本歌劇団や宝塚歌劇団の公演を観る回数が多くなりますが、他のミュージカルや歌の入らないお芝居、歌舞伎にバレエやオペラまで出掛けているので、かなり幅広く楽しんでいると自負しています。もちろんブログ開設時から取り上げてきたアニメ・声優さんや特撮、年に数回はNFLなどスポーツの記事も載せますし、クラシック音楽とかプロレス話も大好きです。稀に時事ネタなども織り交ぜながらブログは続きます。
    10:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
永岡ともよしです。コメントが欲しいと訴えながら、最近はスッカリ私の方からの投稿も少なくなっていて、本当に申し訳ありません。毎回ブログ訪問が駆け足の連続で、記事を読んでもコメントまでは時間が足りない状態の繰り返しです。このままでは互いに言葉を交わしてのお付き合いが無くなってしまい、ブログの楽しみが感じられなくなりそうです。泊まり勤務で時間が制約を受ける日もありますが、当面は私からのコメント投稿を活動の最優先事項に据えて、有言不実行で終らないように交流の活発化を目指します。
    23:21 | Top
 
11
 
永岡ともよしです。2010年10月11日を迎えて、私のブログ活動は4年目に突入しました。この別館は始めてから2年半を過ぎたばかりですが、その5ヶ月ほど前に開設した本館ブログは昨日で3周年でした。アクセス数よりも記事に対するコメントの少なさは、私に厳しい現実を突きつけます。それでも別館で展開するOSK日本歌劇団への応援を中心に据えて、私は決して諦めず投げ出さずに活動を続けます。

現在交流のある皆さん、これから私と出逢う機会の巡って来る未だ名前も知らない方々、或いは以前は親しげに話しかけてくれたのに、今では冷たく私を見捨てて去ってしまった元・常連さん、それら全ての人たちへと祝福の光が遍く降り注ぎますように。私はいつでも、いつまででも此処で待っています。
    00:01 | Top