穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

OSK日本歌劇団の応援を中心に、幅広い話題を取り上げて活動中です                    
 
20
 
永岡ともよしです。報告が遅くなって、とっくに公演は終わってしまいましたが、小劇場でOSKの舞台を観るため神戸を訪ねました。他の用事で立ち寄った記憶はありますが、演目のタイプを限らずに、神戸市内での観劇は初めてだったと思います。三宮駅周辺は意外にゴチャゴチャしていて、私の得意なタイプの街ではありませんでしたが、春にオープンした劇場は新しくて好感が持てましたし、何より出演者8名によるOSKの公演が素晴らしかったです。作・演出の荻田浩一さんが持つ独自の世界に加えて、トップスターはいないキャスト全員が本当に見事でした。特に華月奏さんの柔らかさが私の想像など遥かに超えた魅力に満ちていて、もう1人・男役でメイン扱いの翼和希さんと持ち味が違うのも、華月さんの良さを感じるのに効果的だったと思います。残念ながら1度しか観られなかったので、東京地区での上演が実現すれば嬉しいですし、それが関西エリアの会場でも、再演があれば必ず複数回のチケットを最優先で押さえます。

※記事に直接関連しないお話しや私への連絡などは本館のコメント自由帳までお気軽にどうぞ
    21:30 | Comment : 0 | Top
 
13
 
永岡ともよしです。今回の記事は私が応援しているOSK日本歌劇団に関する話題で書きますが、誰かの役に立つような新情報は何もありませんので、もっと内容や発信頻度で上位の皆さんだけ追いかけてください。私は現在でもファンだと主張が出来れば満足なので、OSKの情報収集には努力していません。

記事を書いている今日7月13日は、春にオープンした神戸の新しい小劇場シアター・エートーでの5日間公演初日ですね。もう1回目の観劇を済ませた方々は、感想をネット上に公開しているようですので、そちらをチェックすれば他の公演との比較が可能になると思いますが、私は残る日程の内で1度だけ予定している観劇後まで、影響を受けて印象を左右されそうな言葉からは、十分に離れて過ごすつもりです。

そして明後日7月15日には、新橋演舞場公演『夏のおどり』がチケット一般発売を迎えますね。大阪で観た皆さんの感想を読ませてもらう限り、酷評するような意見は目にしなかったので、OSK公演に対する信頼感の高さと合わせれば、決して安くない観劇料金でも不安は感じません。新橋演舞場の客席が満員になるのは誰にとっても当たり前ではなくて、かなり面白そうな企画や出演者でも値引きチケットが出るのは年中ですから、その困難な挑戦を今後も継続するために、先ずは2017年の公演に3回行きます。
    21:33 | Comment : 0 | Top
 
07
 
永岡ともよしです。酷い話ばかりで、心が小さく萎んでしまいそうですが、自粛ムードなどは一切の役に立たないのは明らかで、例え少数派であっても、各個人にとって楽しい話題で盛り上がるのが大事だと思います。この記事を書いている時点で、私にとって最大の注目は、明日7月8日にテレビ東京系列で放送が始まる『ウルトラマンジード』ですね。また朝から24時間拘束の泊まり勤務に入るため、初回が視聴可能となるのは日曜の帰宅後ですが、恐らく私以上の熱さで心待ちにしている父と一緒に、実家で録画再生する予定です。父は私が家に行くまで待てるとは思えないので、初見の邪魔はしないで欲しいのですが、話したそうな様子を眺めるのも好きなので、『ジード』が私たちにくれる楽しい時間は間違いありません。
    18:08 | Comment : 0 | Top
 
02
 
永岡ともよしです。今日は泊まり勤務明けで1度帰宅してから、近所の小学校に設けられた会場に出掛けて、都議会議員選挙の投票を済ませて来ました。体温並みの暑さを告げる予報が早い時期に出されていて、余り酷いようなら父にクルマで送ってもらう選択肢まで考えたのですが、少し汗をかいただけで着替えれば気にならない程度で、夏の昼間にしては全く苦にならなかったです。そんな事より、私のブログでも繰り返し書いてきた通り、東京都民は選挙の度に愚かな過ちを積み重ねて、世界中で笑い者にされてきました。今回の選挙戦でも知性の欠片さえ感じられない暴言・妄言の大安売りで、この都議選で明確な答えを行動で示せないようなら、東京は公職選挙法の適用外に置いて、全員の選挙権を停止すべきですね。
    12:20 | Comment : 0 | Top
 
21
 
永岡ともよしです。報告が遅くなりましたが、観劇予定回数を選んでもらう投票は6月16日で受付を締め切って、今回の参加者は私を含めて10名という結果が残りました。先に結果の内訳を紹介します。

テーマ:2017年の松竹座『春のおどり』には全16公演中の何回出掛ける予定ですか?
 ☆「2~5回」・・・5票
 ☆「1回に全力」・・・3票
 ☆「今年は待機」・・・2票
 ☆「16回全て」、「11~15回」、「6~10回」・・・0票

続いて、投票に添えてもらったコメントを原文のまま、私の分を除いて紹介します。
 ☆毎年観劇回数が減っている… 「2~5回」
 ☆新序列と出演者選抜に観劇意欲を削がれた。 「2~5回」
 ☆東京では2回以上 「今年は待機」

参加してくださった皆さん、改めて本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

肝心の大阪松竹座公演ですが、6月17日~25日の9日間ですから、ちょうど今日21日が日程の真ん中となりますね。投票の傾向を素直に受け止めれば、以前のように連日通い詰めて応援するパターンは減っているのでしょうが、それでも初日から何度か難波に出掛けて、既に観劇した方々から発信された感想は私も目にしました。予想を裏切る斬新さは感じられないらしく、前半・後半ともに担当者の作風が反映された内容だと読み取りました。ドキドキは無くても、いつも通りのOSKを期待して観られそうですね。

私個人は7月中旬に神戸の小劇場で、松竹座~演舞場に不参加のメンバーによる公演を楽しんだ後、8月末から4日間開催される『夏のおどり』に備えます。神戸は新しい劇場で、その点も楽しみですね。
    09:40 | Comment : 0 | Top