FC2ブログ

穏やかに日々創想 (永岡ともよし別館)

OSK日本歌劇団の応援を中心に、幅広い話題を取り上げて活動中です                    
 
27
 
永岡ともよしです。九州新幹線の長崎ルートに関する騒動で、全面フル規格転換以外の選択肢が存在しないと思い込ませる策動は続いていますが、数千億規模の予算を動かすのであれば、通称FGT(フリーゲージトレイン)と呼ばれる車両の開発・実用化に注ぎ込む方法が、実際には十分考えられますね。

当面は割高でも新たな技術を確立する方向で予算を使う道ではなく、フル規格の新幹線を建設する進め方ばかり宣伝するのは、軌間可変タイプ車両の実用化では大きな利益を得られない人たちが、今回のフル規格化を訴える大合唱の主体だと示しているのは明らかです。もし同程度の高額予算を組むのであれば、新幹線の限られたルートの建設よりは、国内各地や海外まで活用可能な技術面こそ優先すべきだと考えるのは、正常な判断力を備えた常識人なら当然だと思いますが、私は何処か変なのでしょうか?

※記事に直接関連しないお話しや私への連絡などは本館のコメント自由帳までお気軽にどうぞ
    16:31 | Comment : 0 | Top
 
26
 
永岡ともよしです。映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のサントラ音源が、既にネットのストリーミングで聴取可能だと気付いた私は、映画に登場する怪獣のキャラクターだけでなく、東宝映画版の音楽も大いに活用されているのが分かって、特にアルバムの最後に収められた「モスラの歌」には感激しました。
KOTMOMPST.jpg

幼い頃から私に影響を与えて、もっと熱心な特撮ファンである父に知らせたくて、直ぐ同じ市内にある実家に移動して、二人でサントラ盤を一緒に聴いたのですが、26番目に「モスラの歌」が流れて全曲終了した後は、揃って涙を流しながら感謝の言葉を繰り返していました。東宝映画で生まれた怪獣たちが、世界中の映画館で暴れ回るだけでも嬉しいのに、そこで古関裕而さんの書いた「モスラの歌」など、特撮・怪獣映画好きならお馴染みのメロディが登場するなんて、私たち父子にとっては予想外の大きな喜びです。

私の勤務予定の都合で、残念ながら5月31日の公開初日は観に行けませんが、翌日には歌舞伎町にあるシネコンに出掛けて、父と二人で『キング・モンスターズ』を鑑賞して来る計画です。それに先立って今夜は、父が所有しているモスラ登場映画の各種ソフトを再生しながら、ザ・ピーナッツ~大塚千弘さん&長澤まさみさんなど、歴代の小美人が歌う「モスラの歌」を聴いて、また気分を盛り上げようと思っています。
    20:36 | Comment : 0 | Top
 
18
 
永岡ともよしです。体力の限界まで詰め込んだ以前の遠征と比べたら、まるで別人のように緩やかな日程ですが、1泊2日で関西方面に出掛けて、京都・四條南座の『都をどり』~大阪松竹座でのOSK日本歌劇団『春のおどり』を観て来ました。松竹座公演は、ちょうど上演後にトークショーの付いた回でしたが、内容の詳細を書いてしまうのはマナー違反らしいので、最初だった城月れいさんからのお話が、個人的には一番今回の『春のおどり』らしいエピソードだと感じた、とだけ書き残しておきたいと思います。もう1つ、私が初めて観た頃の男役のトップが事実上3人並んでいたOSKに比べて、今の体制は全体的に寂しくなったと受け止めていたのですが、桐生麻耶さん中心に整理されて、分かり易い構図が生まれたのですね。

話を小遠征前半に観劇の『都をどり』に戻すと、私は京都の花街にある歌舞練場は何回か訪問の経験があるものの、成果を披露する公演は初めてで、率直な印象を書けば少女歌劇系の和物ショウよりも、今回の『都をどり』の方が私は好きです。今後他の公演を目にすると、中には頭を抱えるような場面があるかも知れませんが、日頃から鍛えた技術を上品に見せてくれるのが、私の嗜好には合っているようですね。

本当は大阪松竹座『春のおどり』千秋楽を目標に出掛ける計画でしたが、仕事の関係で日程が厳しくなったため、数日分前倒ししての遠征に組み直しました。次の7月・南座は第1部が『海神別荘』ですし、後半は演舞場~松竹座で楽しんだ演目の再登場ですから、ドキドキと安心を上手に両立させながら観劇の準備を進めて、今度は日程(7月13日~25日)の序盤・終盤に、合計2回出掛けられるように努めます。
    19:29 | Comment : 0 | Top
 
23
 
永岡ともよしです。私にとって歴史上で一番大切な作品の1つである『おジャ魔女どれみ』シリーズは、今年2019年でテレビ放送スタートから20周年を迎えました。そして2020年には立ち上げ時の主要スタッフ再集結で、新作アニメ『魔女見習いをさがして』が映画館で公開されるそうです。もちろん当時おジャ魔女を演じた声優の皆さんも参加は確定していて、この発表に熱い想いを感じる人は多いのでしょうね。
魔女見習いをさがして
アニメ映画 『魔女見習いをさがして』 2020年公開予定
 監督:佐藤順一、鎌谷悠 脚本:栗山緑 キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦
 作画監督:中村章子 アニメーション制作:東映アニメーション
 出演:千葉千恵巳、秋谷智子、松岡由貴、宍戸留美、宮原永海 ほか


でも今の私が抱く正直な気持ちを書くと、新作アニメを観に行かない確率の方が高いと思います。確かに『どれみ』の事を考えるだけで涙が流れ落ちて、大切さに何も変わりがないのだと直ぐ分かるのですが、きっと私の父が言い続けているように、思い出に浸って過ごすのは、人生最後の瞬間だけで良いという考え方が私も身に付いたのでしょう。出来れば懐かしさを味わいたい観客だけ当てにするのではなく、新しくおジャ魔女たちのいる世界に触れて大好きになる人たちを、新たな登場人物と共に獲得して欲しいです。
    21:56 | Comment : 0 | Top
 
01
 
永岡ともよしです。長らく更新が停滞していた私のブログですが、諸般の事情があって今月からは記事の投稿回数が増えるのは確実になりました。ただし以前とは内容が変わってくる予定で、催事の情報を紹介する記事が多くなると思います。もちろんお芝居・演奏会は催し物の一部ですから、舞台公演に関する話題が除外される訳ではありません。そしてアニメの記事も再登場すると思いますが、それは今後の投稿で実証する事にして、先ずは新路線を目指して『不思議の国のアリス展』の紹介に取り組むとしましょう。
アリス展不思議国脱出『不思議の国のアリス展』 後援:日本ルイス・キャロル協会、ブリティッシュ・カウンシル
 01.兵庫県立美術館 2019年3月16日(土)~5月26日(日)
 02.松本市美術館 2019年7月13日(土)~9月8日(日)
 03.横浜そごう美術館 2019年9月21日(土)~11月17日(日)
 04.福岡市美術館 2019年12月3日(火)~2020年1月19日(日)
 05.静岡市美術館 2020年2月1日(土)~3月29日(日)
 06.名古屋市博物館 2020年4月18日(土)~6月14日(日)
 07.新津美術館 2020年6月27日(土)~9月6日(日)


展覧会のメイン画像と並べて掲載しているのは、「リアル脱出ゲーム」とのコラボイベントである「不思議の国からの脱出」を宣伝する画像です。展覧会入場料の他に「謎解きキット」の代金1,500円が必要となりますが、『不思議の国のアリス展』だけでしか体験出来ない特別な企画ですから、何度も出掛けられるような人や、会場での滞在時間に余裕がある人ならば余計に、ゲームも試してみる価値はありそうですね。
    21:35 | Comment : 0 | Top